アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • アニメ『ポケモン』、『Gガンダム』パロディー(?)回でネット上話題 トレンドに「デビルガンダム」

アニメ『ポケモン』、『Gガンダム』パロディー(?)回でネット上話題 トレンドに「デビルガンダム」

 テレビ東京系で6日に放送されたアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』(以下、アニポケ)の第103話「岩をも砕く熱きハート! ライチとタケシ!!」が、「Gガンダムとヤッターマンのパロディー回」とネット上で話題となっている。

 放送された回は、主人公・サトシの仲間であるタケシが、しまクイーン・ライチとポケモンバトルをしている最中に、ロケット団のニャース、ムサシ、コジロウが乱入。オリジナルのメカ(ロボット)を操縦して登場するのがお約束で、今回は「おニャースロボ最終形態 “ニャビルおニャース”」(ニャースの発言から)で登場した。

 そのメカが『機動武闘伝Gガンダム』(1994〜95年)に登場するデビルガンダムに似ている姿で、ツイッター上では「デビルガンダム出てるぞ!」と、トレンドにも「デビルガンダム」がランクインするなど話題に。

 ライチがZワザ(ポケモンのワザの一種)でこのメカを倒そうとする際には、タケシが共闘し、その時の描写が『機動武闘伝Gガンダム』の主人公・ドモン・カッシュとレイン・ミカムラのペアが繰り出した流派東方不敗の必殺技“石破天驚拳”の進化版、“石破ラブラブ天驚拳”にそっくりで、「石破ラブラブ天驚拳まで再現してて草」「完全にGガンダム」と『Gガンダム』のパロディー回で驚きの声があがった。

 さらに、メカの内部を映すシーンでは、ポケモン・アローラナッシー風のレバーに登るポケモン・ヌイコグマが登場。それも『ヤッターマン』のキャラ・おだてブタが発するフレーズ「ブタもおだてりゃ木に登る」を思わせるもので、「アニポケを観ていたハズがいつの間にかGガンとタイムボカンになるのほんと面白い」「デビルガンダムに加えておだてブタは草」と、『ヤッターマン』と『Gガンダム』のパロディー回でネット上は大いに盛り上がった。

 これまでの『アニポケ』でもほかのアニメ作品のパロディーを思わせる回があり、93話「勇者リリエルとアローラの杖!」では、ムサシの表情が『ガラスの仮面』の白目や、声を担当する林原めぐみがほか作品で演じたキャラ(『名探偵コナン』の灰原哀など)と思わせるもので、この時も話題となった。



オリコントピックス