アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 劇場版『おそ松さん』、原作『おそ松くん』と繋がるストーリー初公開 18歳6つ子たち登場

劇場版『おそ松さん』、原作『おそ松くん』と繋がるストーリー初公開 18歳6つ子たち登場

 人気テレビアニメ『おそ松さん』初の完全新作劇場版『えいがのおそ松さん』(3月15日公開)の本予告映像&メインビジュアル、ストーリー情報が4日に公開された。18歳の6つ子たちの姿や、『おそ松さん』と赤塚不二夫さんによる原作・『おそ松くん』が繋がるストーリーが初めて明らかになる。

【写真】その他の写真を見る


 『おそ松さん』は、赤塚さんの名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描いた作品。2015年10月〜16年3月まで第1期、17年10月〜18年3月まで第2期が放送され、16年には「流行語大賞」にノミネートされるなど社会現象化して話題となった。

 本予告は、卒業式の場面で幕を明け、迷い込んだ不思議な世界で6つ子たちが18歳の自分たちに出会うなど、『おそ松くん』と『おそ松さん』をつなぐストーリーが初めて明らかになっている。また、おそ松の「なんで俺たちって、6人もいるんだろうな」など、アニメでは、聞けないような情感たっぷりのせりふも散りばめられている。

 キャラクターデザイン・浅野直之氏が描き下ろしたメインビジュアルには、18歳の6つ子と現代の6つ子の12人が勢ぞろいしており、おそ松以外、後ろ姿しか公開されていなっていなかった18歳の6つ子たちのビジュアルが公開。学校の屋上から見下ろす18歳の6つ子と空から降ってくる机などのイラストなど、本編で何が起きるのか展開に期待が高まる。

■あらすじ
迷い込んだ不思議な世界で6つ子が出会ったのは、18歳の自分たち。ある日、高校の同窓会に訪れた、6つ子たち。ちゃんとした大人に成長し、社会人として活躍する同級生たちとの再会で、対照的な冴えない自分たちの現実に打ちのめされ、やけ酒をあおり、眠ってしまう。翌朝、目が覚めたおそ松たちは、部屋の異変に気付き、街に出る。目に映るのは、いつもと違うけど、どこか見覚えのある風景。ここは「過去の世界」ではないかと疑い始めた矢先、デカパンから「6人の中に、この時代に大きな後悔を残している人物がいる」と告げられる。真実を確かめるため、彼らが会いに行ったのは、18歳の自分たちだった…。

■キャスト情報
おそ松:櫻井孝宏
カラ松:中村悠一
チョロ松:神谷浩史
一松:福山潤
十四松:小野大輔
トド松:入野自由
トト子:遠藤綾
イヤミ:鈴村健一
チビ太:國立幸
デカパン:上田燿司
ダヨーン:飛田展男
ハタ坊:斎藤桃子
松造:井上和彦
松代:くじら



関連写真

  • 『えいがのおそ松さん』のメインビジュアル (C)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019
  • 『えいがのおそ松さん』前売券のムビチケカード (C)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

オリコントピックス