• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 高橋真麻、結婚への経緯&プロポーズ告白「実は去年は、私が結婚したくなかった」

高橋真麻、結婚への経緯&プロポーズ告白「実は去年は、私が結婚したくなかった」

 一般男性との結婚を24日に発表したフリーアナウンサーの高橋真麻(37)が25日、レギュラー出演する日本テレビ系『スッキリ!!』(月〜金 前8:00)に生出演。結婚に至った経緯やプロポーズの言葉を詳細に打ち明けた。

 番組冒頭で生報告した真麻は、午前8時25分からの特集コーナーで加藤から花束を受け取り、お相手の男性の似顔絵を公開し、「1歳年上の会社員、性格は優しくて面白い、趣味は旅」と紹介。結婚の決め手について「一緒に旅をしてめちゃめちゃケンカをしたけど、それでもなんとなく仲直りできているのが、良かったのかなって」と振り返った。

 交際3年でのゴールインとなったが、「実は去年一年間は私が結婚したくなかった」と告白。その理由として「独身キャラでお仕事を頂いていたので、大事にしたいなって。芸人さんからブサイクいじりをされるのも、彼氏はいるけど独身だからであって、人妻には言いにくいじゃないですか。その芸人さんからのいじりが心地良かったので。彼もその距離感を察してくれて、あんまりグイグイ来なかったし、お互いにのらりくらりと…」と語った。

 その後、「3年経つけど、結婚はそろそろどうするの?って聞かれて、私はプロポーズされてないしって言ったら、『じゃあ結婚して』って。ライスさんのネタがはやっていた時期で、『結婚してくれぃ!』って。ライスさんが好きだったみたい(笑)」と結婚に至った経緯を明かした。

 真麻は『スッキリ』で報告するためきょう25日に婚姻届を出そうと思ったが、自身の仕事の都合で深夜になり,前日の24日は仏滅、そのため22日に提出したと説明。結婚生活に向けて「忍耐力と皆さんおっしゃるので、長く続けられるように頑張りたい。これまでは自分の欲求を押し付けがちだったので、我慢することも覚えたい」と抱負を述べた。

 結婚式について「今のところは予定してなくて。お写真くらいは撮りたいけど、12月に結納の時に撮ったので。仕事でもウェディングドレスを何度も着ているので、そのへんはドライです」と今の思いを伝えた。最後は自身の“持ちネタ”となっている「シンデレラ・ハネムーン」を歌唱して、スタジオの笑いを誘った。

 真麻は24日に自身のブログで結婚を電撃報告。「“ゴール”だと思っていた結婚が実際にしてみると、ゴールではなくスタートなのだと実感し、身の引き締まる思いでおります」と心境をつづった。愛娘の結婚発表を受け、父で俳優の高橋英樹(74)もブログを更新し「花嫁の父ってもっと もっと 感激するものだと 想像しておりましたが 娘の電話に呼び出され 結婚届の撮影を頼まれて キャップをかぶり カメラマンとして役所に 同行した次第です」と舞台裏を明かしていた。

 真麻は2004年、フジテレビにアナウンサーとして入社し、13年に退社後も引っ張りだこで活躍。恋愛に対してもオープンで、今年9月に出演したイベントでは一般男性との結婚について「50:50(フィフティー・フィフティー)です」と語っていた。

オリコントピックス

 を検索