アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 野沢雅子、東京オリンピックへの夢語る「かめはめ波で聖火を灯したい」

野沢雅子、東京オリンピックへの夢語る「かめはめ波で聖火を灯したい」

 声優の野沢雅子水樹奈々杉田智和が15日、東京・丸の内TOEIで行われたアニメ映画『ドラゴンボール超 ブロリー』公開記念舞台あいさつに登場した。野沢は「映画すばらしかったでしょ?」と詰めかけた観客に呼びかけ、「私、悟空のアフレコが終わった時に『今までで一番いい!』って言ったんですよ」と自信たっぷりにあいさつ。

【写真】その他の写真を見る


 1984年に『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートし、86年にテレビアニメが放送された『ドラゴンボール』。今作の映画はシリーズ20作目で、3月に最終話を迎えたアニメ『ドラゴンボール超』初の劇場版作品。

 水樹と杉田はゲスト声優としての参加となったが、水樹は「子供の頃から見ていた大好きな作品に携わることができて、そしてここで素晴らしい先輩方と立てていることに鳥肌がとまりません。親子の絆と友情が熱く描かれています。今日はブロリーとの友情の証に緑の衣装できました!」と興奮気味。杉田も「大好きな『ドラゴンボール』に出られたというのは、子供の頃の自分に話したら『嘘だ!』ってなると思います」とそれぞれ歴史ある作品へ出演した思いを語った。

 同作は、全世界90の国と地域で公開が決定。イベントではアメリカ・ロサンゼルスで、13日(日本時間14日)に開催されたプレミアイベントの模様も紹介されると、野沢は過去に開催された海外でのイベントに参加した際、「サイン会があったんですけど、有料で色紙を購入して参加する方式だったんです。でも、現地の子どもがお金がなくて色紙が買えないんだけど、サイン会の列に並んでいたんです。私がその子を呼んで『色紙は私が買うから、サインしてあげるよ』って言ったら、特別にその子は無料になりました」というエピソードを披露し、会場からは拍手が沸き起こった。

 公開を控える全世界に向けたコメントを求められた野沢は、「今度東京でオリンピックがありますよね。仲間内でも盛り上がったんですが、悟空としてかめはめ波で聖火を灯したいんです。走るのは申し訳ないですけど無理なので、誰か別の人にに走ってもらって。悟空が灯す聖火で、世界中がすごく盛り上がると思うんです」と2020年の東京オリンピックへの夢を語った。

 イベントには、声優の堀川りょう島田敏中尾隆聖、長峰達也監督も登場した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 特製垂れ幕の前にキャストがせいぞろい(左から長峯達也監督、中尾隆聖、堀川りょう、野沢雅子、島田敏、水樹奈々、杉田智和)
  • 特製垂れ幕の前にキャストがせいぞろい(左から長峯達也監督、中尾隆聖、堀川りょう、野沢雅子、島田敏、水樹奈々、杉田智和)
  • 特製垂れ幕の前にキャストがせいぞろい(左から長峯達也監督、中尾隆聖、堀川りょう、野沢雅子、島田敏、水樹奈々、杉田智和)
  • 特製垂れ幕の前にキャストがせいぞろい(左から長峯達也監督、中尾隆聖、堀川りょう、野沢雅子、島田敏、水樹奈々、杉田智和)

オリコントピックス