アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 高須克弥氏、全身がんも元気ハツラツ「幸せの極致です」

高須克弥氏、全身がんも元気ハツラツ「幸せの極致です」

 高須クリニックの高須克弥院長(73)が5日、都内でその年に“ユーモア”で貢献し、世の中に明るい話題を提供した人に贈られる『平成30年度 ゆうもあ大賞』表彰式にゲストとして出席した。

 今年9月15日に乳がんから全身に転移した「全身がん」で亡くなった樹木希林さんの活動に感銘を受け、同28日にツイッターでがんを公表した。ゆうもあ・くらぶの理事長を務める大村崑(87)から呼び込まれた高須氏はマイクの前に立つと、ゆうもあ大賞らしく時おり笑いを交えながら近況を報告。「がんになったら、みんなすぐに死ぬと思うんですね」と苦笑いし、先日もデヴィ夫人のパーティーを欠席した際に「亡くなったの?」と驚かれたという。「お花は送る方。いただくのは、あんまりうれしくない」と元気いっぱいに語り、会場を盛り上げた。

 さらに「がんになると得なんですよ。みんなが急に大事にしてくれる」と笑顔。「がんだと五体満足。食うからデブになってシワも取れちゃう。幸せの極致です。老人になって、がんになっても平均余命は変わらない。崑ちゃん、がんになっても全然、関係ない。100歳まで生きられますよ、がんも年食っているんだから」と力説し、周囲を驚かせていた。

 『ゆうもあ大賞』はプロ野球・ソフトバンクホークスの王貞治会長(78)、舘ひろし(68)、戸田恵子(61)も受賞し、表彰式に出席。大村は「ゆうもあを身に着けている」ことが若さを保つ秘けつと語り「メガネを見てください。左右で丸と四角と違う。こんなメガネをつけているのは僕だけ」とアピールし、笑わせていた。



オリコントピックス