アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • “ドイツ出身”マリウス葉が「第九」合唱に初挑戦「頑張りマリウス!」

“ドイツ出身”マリウス葉が「第九」合唱に初挑戦「頑張りマリウス!」

 人気グループ・Sexy Zoneマリウス葉が、12月2日に大阪城ホールで開催される毎年恒例『サントリー1万人の第九』合唱に初挑戦することが、わかった。この模様はMBS製作TBS系『「1万人の第九 2018」 〜Sexy Zone マリウス葉 世紀の大合唱に挑戦!!〜』(12月29日 後4:00)から放送される。ドイツ生まれの「第九」合唱に“1万人のひとり”として参加するドイツ・ハイデルベルク出身のマリウスは「僕にしか歌えない第九を歌いたい」と想いを明かしている。

 今年で36回目の開催となるこの合唱は、総監督・指揮の佐渡裕氏のもと、北海道から沖縄まで全国各地から集まった1万人がベートーヴェンの「交響曲第9番」通称「第九」を合唱する年末恒例の一大イベント。ドイツで生まれたこの曲は今年で日本で演奏されていからちょうど100年を迎える。

 一方、ドイツ人の父、日本人の母を持ち、11歳までをドイツで過ごした経歴を持つマリウス。「第九」はドイツで暮らしていた頃はよく耳にしていたものの本格的に歌うのはこれが初めてとなる。

 今年は「第九」の記念イヤー、そして戦時中 日本とドイツの“文化の架け橋”にもなったのが「第九」でもあった。マリウスは「そんな第九に僕が挑戦できる事は運命的だと思っていますし光栄です!」とかみしめながら「練習では普段歌っているポップスとは全く異なり苦戦していますが、まだ想像できない大迫力の“1万人の第九”を楽しみに頑張りマリウス!」と意気込みを語った。

 また特別番組のMCは3年連続でTOKIOの国分太一が務め、大阪城ホール内特設放送席やバックステージから『1万人の第九』の“生の迫力”を臨場感たっぷりに届ける。俳優以外では初の朗読ゲストとなるフリーアナウンサーの有働由美子が「よろこびのうた」を朗読。国分による佐渡氏へのインタビューを通じて「ウエスト・サイド物語」を作曲したレナード・バーンスタインに迫る。



オリコントピックス