アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 【ガンプラ ビフォーアフター】「オラザク大賞」ドムと、究極のSDガンダムに見るモデラー“匠の技術”

【ガンプラ ビフォーアフター】「オラザク大賞」ドムと、究極のSDガンダムに見るモデラー“匠の技術”

 1980年代、ちびっ子から大人まで空前の“ムーブメント”を巻き起こした「ガンプラ」。その後、発売から38年間で累計4億5千万個以上を出荷。HG、MG、RG、PGといったカテゴリー分けで試行を繰り返しながら今なお進化を続けている。そんな「ガンプラ」進化の一翼を担ってきたモデラーの“匠の技術”について、ホビージャパン主催の日本最大級のガンプラコンテストの1つ『オラザク選手権』で大賞経験を持つエスタさん。第13回『オラザク選手権』SD部門金賞、第15代電撃ガンプラ王など、名だたるガンプラ大会で結果を残している、実力派モデラー・いよ08(iyo_08)さんにインタビューを実施。ガンプラ制作の真髄を聞いた。

■量産型ズゴックを“シャア専用”に改造、「初塗装」で芽生えたモデラー魂(エスタ)

 小学校の頃のガンプラブーム以来、ガンプラ歴は40年近くになるというエスタさん。プラモを制作するうえで特にこだわる部分は、「パテやプラ板での造形では、左右対称に特に気を配ります」と回答。この作業を怠るとズレが積もり積もって結果的に歪みが大きくなるのだそう。

『オラザク大賞』を取ったドムなど、緻密な作業が伺えるが、ひとつの作品を「1年前後かけて作る」とのこと。ただし、「そればかりだと気が滅入るので(笑)、軽い改造と塗装で出来る作品を1〜2ヵ月で作る事もあります」と、気分転換も重要だと強調した。

 これまで多くの作品を制作した中で、モデラー人生のターニングポイントとなった作品を聞くと、「初代ガンダムに出てくる量産型ズゴック」と即答。当時はガンプラブームの嵐が吹き荒れており、シャア専用のモビルスーツが中々買えなかったようだ。「そこで量産型をシャア専用カラーに塗ったのが初の塗装作品。ロボダッチ以降プラモデルを作っていましたが、小学六年の時に初めて筆塗りで完成させたズゴックが、モデラー人生のターニングポイントになりました」。

 多くのモデラーにとって、“目標”の存在となっているエスタさんに、ガンプラ制作で一番必要な技術とは何かを聞いた。

「基礎だと思います。確実な表面処理と“パッキリ”とした塗装ですね。それに、『この位でいいか』とか『まあいいか』といった妥協をしないことです。基礎を繰り返すことで徐々に上達していくと思います」。

■“ガンプラ王”が語る、SDの可能性と妄想力 (いよ08)

 ガンプラ歴はかれこれ11年くらいになるという、いよ08さん。「私が通っていた大学は豪雪地帯で、時期によっては外出するのも大変で…(笑)。何か家の中でできる趣味がないかと探していた時に、小学生の時のBB戦士を思い出して再び制作にのめりこみました」と笑顔で当時を振り返ってくれた。

 ガンプラ制作は主にSD(スーパーディフォルメ)なので、リアル等身(HG、MG)と比べて小さく、各パーツの密度やバランスに気を付けているそう。「リアル等身と同等の存在感が出るようにディテールを入れて工夫しています。特に展示会では小さいがゆえにスルーされてしまうことも多いため、少しでも足を留めて見ていただけるよう丁寧な工作、展示方法の配慮を心がけています」。

 実際、SDはバランス感覚がキモであり、リアル等身のHGのキットをどう切り詰めて理想のバランスにしていくかに苦心している様子が伺えた。

 そしてSDを極めようと模索する、いよ08さんにはひとつの目標があるのだという。「50cmを超えるSDを作りたいです。2年前から構想はありまして、妄想ではすでに完成しているので、なんとか実現させたいです!」と、子供の頃と変わらぬ“妄想力”を語ってくれた。



オリコントピックス