アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 上戸彩ら「白戸家」登場 史上初“日本語の話し言葉なのに歌に聴こえる”WEB動画公開

上戸彩ら「白戸家」登場 史上初“日本語の話し言葉なのに歌に聴こえる”WEB動画公開

 ソフトバンクロボティクスの『あさってロボット会議』のサイト開設を記念し、樋口可南子上戸彩志尊淳、タレントの最上もがらが出演するWEB動画が8日、同サイトで公開された。ムービーでは、老若男女が次々と「未来のロボットに求めるもの」「ロボットの印象」といった問いに答えていく様子を、ひとつの歌詞のようにつなぎ合わせ映像化。英語では多い手法だが、日本語での試みは史上初で、まるでミュージックビデオのような印象に仕上がっている。

【写真】その他の写真を見る


 ロボット社会に向かって踏み出しつつある昨今、未来のロボットに求めるものは人それぞれ異なり、それが集約される場は作られてこなかった。そこで同社は“未来のロボット像”を考える場として、今回の取り組みを開始。多くの人々とロボットに関して考えを共有し、議論を深めながらロボットの未来の共創を目指していくという。

 同サイトのメインコンテンツは、「あさってロボットフォーラム」と「あさってロボットプロジェクト」の2種類。「あさってロボットフォーラム」では、著名人と同社社員がロボットをテーマに語り合う対談記事などを掲載。8日には、最上との対談記事「どんなロボットを人は求めるのか?」が掲載されるという。最上の普段見せないプライベートの一面が語られるなど、独特の価値観が凝縮された記事となっている。

 また「あさってロボットプロジェクト」は、コミュニケーションや教育といったテーマに対して意見やアイデアを募集。それを基に、ロボットを活用したソリューションを提供できるよう企画や検討を行っていく。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • ロボットについて語る樋口可南子
  • プライベートを語る最上もが
  • ソフトバンクロボティクス社の社員と対談した最上もが
  • ロボットについて語る志尊淳

オリコントピックス