アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 山本KIDさんお別れの会 魔裟斗、須藤元気、武蔵ら戦友が“最期の言葉”

山本KIDさんお別れの会 魔裟斗、須藤元気、武蔵ら戦友が“最期の言葉”

 今年9月に41歳の若さで亡くなった格闘家・山本“KID”徳郁(のりふみ)さんのお別れの会が4日、東京・青山葬儀所で営まれ、ライバルとして格闘技界で一時代を築いた魔裟斗須藤元気武蔵らが参列。天国のKIDさんへ“最期の言葉”を送った。

【写真】その他の写真を見る


 参列者代表として魔裟斗は「この場に立つと、本当にこの世にいないんだなと実感が込み上げてきます。本当に残念でなりません」とあいさつし「当時はみんな必死に戦っていて、まさに戦友でした。メディアの前ではやんちゃなコメントばかりだったけど、真っ向勝負する姿に根っからのアスリートで、素晴らしいファイターだと思っていました」と早すぎる別れを惜しんだ。

 報道陣の取材にも応じ「真っ向勝負でぶつかって、すごいアドレナリンが出たことを覚えています」と、2004年大みそかの熱戦を回顧。柔らかな表情を浮かべながら「あまりにも早いですけど、向こうでゆっくりしてほしい」と願うように話した。

 会場には、そうそうたる顔ぶれが並び、須藤は「引退してから、こんなに格闘仲間が集まることは初めて。それだけ多くの人に愛されていたということですね…」としみじみ。取材中も努めて明るく振る舞い「また来世、戦うか分からないけれど、次は負けませんよ」と、天国のKIDさんへ語りかけた。

 「本当に逝っちゃったんだな。会えないのが寂しい」とこぼした武蔵は「向かい合ったとき、オーラがギラギラしていて“怖い”と感じたのは、KIDが初めてでした」と、その圧倒的な存在感を称し、懐かしむように振り返っていた。

 祭壇は「エネルギー」「力強さ」「生命力」をテーマに菊、カーネーション、トルコキキョウなど鮮やかな花で囲み、これまでに獲得したトロフィー、デビュー戦をはじめ数多くの試合でみせた勇姿やグローブ、画家としての活動で描いた作品などが飾られた。

 会の前には、KIDさんのマネージャーで、事務所の代表代行でもある服部竜真氏が発起人代表として取材に応じた。お別れの会のコンセプトは「寂しい気持ちにならない」。親族、関係者、ファンに向けて「試合観戦、応援に行くような服装」で参列を呼びかけており、きょうのためにメモリアルTシャツを制作。会場には入場曲を中心にKIDさんの思い出のシーンが流れ、その映像と音で振り返った。



関連写真

  • 山本“KID”徳郁さんお別れの会に参列した武蔵(左)、魔裟斗 (C)ORICON NewS inc.
  • 山本“KID”徳郁さんお別れの会に参列した須藤元気 (C)ORICON NewS inc.
  • 山本“KID”徳郁さんお別れの会に参列した魔裟斗 (C)ORICON NewS inc.
  • 山本“KID”徳郁さんお別れの会に参列した武蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 山本“KID”徳郁さんお別れの会 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス