アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • スポーツ
  • 美人ポールダンサー、絶たれたバレエの夢 偏見と戦いながら目指す五輪への道

美人ポールダンサー、絶たれたバレエの夢 偏見と戦いながら目指す五輪への道

 小柄な身体は高さ4mのポールに体を預けたとたん、全身の筋肉が力強く躍動した――。ポールダンサー・坂井絢香。2015年、競技歴わずか3年で「ミス・ポールダンスジャパン大会」のチャンピオンにのし上がり、2018年にはアジアチャンピオンを決める「Asia Pole Champion Cup」で準優勝を果たしたポールダンス界のホープだ。現在、ポールダンスを“天職”と語る彼女だが、その裏には、人生の大半を費やしてきた夢との決別、依然続く「偏見」との戦いがあった。

■12歳で決めたダンサーとしての将来、20代での挫折

 ダンサーになるという夢を描いたのは、早くも12歳の時。出会いは一瞬だったという。

「5歳からモダンバレエを始め、本格的にダンサーになりたいと思ったのは、小学校6年生の頃です。『劇団四季』の舞台を観る機会があったのですが、スポットライトを浴びて踊るダンサーに一瞬で魅了され、私もこんな風になりたい!と将来の夢が決まりました」

 ミュージカルができるよう、学生時代はバレエだけでなく、新体操、ピアノ、声楽などの稽古に明け暮れた。学生時代はいわゆる“青春時代”らしい経験はない。でも、やめたいと思ったことは一度もなかった。“好き”というのを超えて、踊ることが生活の一部になっていたという。しかし、3度受けた「劇団四季」のオーディションに落選し、苦悩の末に断念した。

「バレエを続けてきた私の経歴が否定されたようで辛かったですね。でも、バレエを趣味で終わらせたくなかった。その想いが前に進む原動力になりました」

■絶望の日々で見つけた新たな目標 ポールダンスの世界へ

 失意の中にありながらも、ダンスへの情熱は消えなかった。バレエを生かして何かできることはないかと探していた彼女の目に留まったのが、たまたま見つけたポールダンサーの動画だった。

「でも、当時はすぐに行動には移せなかったんです。最近でこそ、エクササイズの一環としてポールダンスに取り組む人も増え、アクロバティックな技を競うスポーツ競技でもある、と認知され始めていますが、でも、まだ“ポールダンス=セクシーなショー”というイメージを持たれている人も多いのが現状です。好奇の目で見られることもあります。私が競技を知った6年前は、今よりずっと偏見があり、私自身にも迷いがありました」

 ところが体験レッスンに参加してみると、バレエの経験がポールダンスで生きることを実感する。

「ポールダンスは、ポールの上で体を維持する力が重要です。私はバレエと新体操をしていたので体幹が強く、初心者にしては上手いと褒められて、その気になってしまって(笑)。あの技もこの技もと欲がでてきて、ポールダンサーになる、という新たな目標が生まれました」

 当初は技を追求するのがただただ楽しかった。しかし、同時期に出演し始めたアクロバットミュージカル『サムライ・ロック・オーケストラ』をきっかけに、ポールダンスで結果を出したいという思いが芽生え始めた。

「他の出演者はみんな、金メダルや銀メダルを保持するアスリートばかり。私も何か誇れるものがもちたかった。それで、『ミス・ポールダンスジャパン大会』で結果を残そうと、自分に誓ったんです」

 しかし、同大会の出演者は、ポールダンスのスタジオのインストラクターなど、経験豊富な有名選手がほとんど。競技歴わずか3年の無名な彼女が優勝するには、綿密な戦略が必要だった。そこで、強みであるバレエを全面に押し出した演技を構成。その狙いは見事的中し、会場中の話題をさらい見事優勝。2015年、坂井はポールダンス界の新星として、メディアを賑わせる存在となった。

「衣装にもダンスにもバレエの要素を取り入れました。ポールダンスの世界では他に誰もしたことのないダンスが新鮮で、優勝することができたんだと思います。優勝が決まった瞬間、これまでのバレエ人生が報われた気がしました」

チャンスを与えてくれたポールダンスの世界 いつか日本代表コーチに

 今年8月に開催されたアジアチャンピオンを決める「Asia Pole Champion Cup」で準優勝を果たし、名実ともにポールダンス界のホープとして活躍する現在。今後は、ポールダンスがスポーツとして認知されるようにPR活動にも力を入れていきたいと話す。そのためには、まずは「ポールダンス=セクシーなショー」という偏見を払拭することが必要と語る。

「ポールダンスは、肌の摩擦を利用して、ポールの上で体を止まらせています。肌を露出している方が有利なので、必然的に面積の小さい衣裳となり、セクシーさが際立ってしまいます。そんな露出の多い衣裳でもいかにカッコよく見せるかがテーマです。ポールダンスをスポーツとして広めるために、特有の妖艶さは大切にしながらも、力強い技や振り付けを取り入れるようにしているんです」

 ポールダンスのスポーツ化は業界でも取り組みが進んでいる。2013年に日本ポールスポーツ協会が発足し、五輪種目への動きも本格化している。そんな今、将来は日本代表を率いるコーチになれたらと、坂井は目を輝かせた。

「そしていつかは、スタジオを持つのも目標です。ヨガもバレエもヒップホップもポールダンスも。私がこれまで経験したことを全部生かして、教え子をたくさん育てていくのが夢です」

 バレエで経験した大きな挫折から一転。ポールダンスを通して夢を勝ち得た彼女の視線は、すでにさらなる夢に向かっている。

(インタビュー・文/宇治有美子)



オリコントピックス