アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ∞村上、瀬戸大也とスペシャル対談 タイム縮める努力に圧倒「禅問答みたいな感じ」

関ジャニ∞村上、瀬戸大也とスペシャル対談 タイム縮める努力に圧倒「禅問答みたいな感じ」

 人気グループ・関ジャニ∞村上信五がナビゲーターを務める28日放送のフジテレビ系スポーツ番組『村上信五∞情熱の鼓動』(深1:55※関東ローカル、不定期放送)に競泳・リオオリンピック400メートル個人メドレー銅メダリストの瀬戸大也選手が出演することが、わかった。村上は「レースが終わった後のインタビューで、勝っても負けても笑顔が印象的で・・・メンタルコントロールについて尋ねたい」と瀬戸選手とのスペシャル対談に臨んだ。

 同番組では東京2020オリンピック・パラリンピックまであと2年をきった今、活躍が期待されるアスリートたちに密着。アスリートたちをひも解くキーワードを「進化」と位置づけ、競技の最先端を走るトップアスリートの姿を追う。第1回ゲストには瀬戸選手のほか、バドミントン・桃田賢斗選手も出演する。

 競泳・400メートル個人メドレーは、クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライという競泳の4泳法を一人で100メートルずつ泳ぐ種目。すべての泳ぎに高い泳力が要求される競泳で最も過酷な競技と言われ、その勝者には“キング・オブ・スイマー”の称号が与えられる。世界選手権で連覇を達成した“キング・オブ・スイマー”瀬戸選手はなぜこの種目を選んだのか。

 瀬戸選手の練習前に行われた対談では自然と日々の練習についての話題に。一回の練習では、およそ2時間で7000メートル泳ぐという瀬戸選手は最も過酷な競技と言われる400メートル個人メドレーを主戦場とする事について、「自分結構飽き性で、練習も100メートルを20本ずっとバタフライとか絶対嫌なんで」と理由を語る。

 またプライベートでは昨年結婚し今年長女が誕生。これを機に練習がより楽しくなってきているようで、瀬戸選手の心境の変化や、数多くのレースをこなせるメンタルの強さの秘密に村上が切り込んでいくほか、番組キーワードの“進化”について、“バケットターン”という個人メドレー特有のターンや今年はトライアスロンにも挑戦した瀬戸選手の筋肉、体作りの秘訣などを公開する。

 対談を終え村上は「0.1から0.5秒のタイムを縮めるためにどうしたらいいかの作業で、日々もう禅問答みたいな感じですよね」と、微調整を重ねる練習に圧倒された様子で「次に進化するためのあの作業は想像を絶します」と感想を話していた。



オリコントピックス