アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 「モンスターハンター」初のハリウッド実写映画化を正式発表

「モンスターハンター」初のハリウッド実写映画化を正式発表

 カプコンと東宝は5日、人気ゲームシリーズ「モンスターハンター」初となるハリウッド実写映画化が決定したことを正式に発表した(公開時期未定)。監督・脚本は、カプコンのゲーム原作の映画「バイオハザード」シリーズで知られるポールW.S.アンダーソン氏が務め、日本での配給は東宝が担当する。

 このたび製作が決定した実写版では、異なる世界出身の2人の主人公が、協力してモンスターと対峙する物語が描かれるという。これまでもたびたびハリウッドでの実写映画化が海外メディアで報じられ、アンダーソン監督も映画化の構想があることを過去に語っていたが、ついに正式発表となった。

 「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。2004年に第1作を発売して以降、14年を経た今なおファンを増やし、シリーズ累計販売本数5000万本(8月20日時点)を誇る大ヒットシリーズに成長している。また、シリーズ最新作『モンスターハンター:ワールド』は、同社の単一タイトルとして史上最高の出荷本数となる1000万本(8月20日時点)を記録している。

 同社のゲームシリーズでは、きのう4日に「ロックマン」のハリウッド実写映画化が発表されたばかり。



オリコントピックス