アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 大阪府警察のサイバー犯罪防止啓発施策 初めて「ロックマン」を採用

大阪府警察のサイバー犯罪防止啓発施策 初めて「ロックマン」を採用

 カプコンは3日、大阪府警察が実施するサイバー犯罪防止啓発施策の啓発物イメージキャラクターに、同社の主力ブランドの一つ「ロックマン」が採用されたことを発表した。

【写真】その他の写真を見る


 「ロックマン」シリーズは、ファミリーコンピュータ向けアクションゲームとして1987年に第1作を発売して以来、累計販売本数3200万本(2018年6月30日時点)を誇る同社主力ブランドの一つ。キャラクターのルックスと、それに反する硬派なゲーム性が支持を受け、多数の派生作品を含め、発売から30年以上を経た今なお、若年層からコアゲーマーまで根強い人気を獲得している。

 さらに、そのブランドはキャラクターグッズ、コミック、TVアニメや映画など、グローバルで多彩に展開され、ゲームでの最新作『ロックマン 11 運命の歯車!!』は、欧米では10月2日、日本では10月4日に発売開始予定となっている。

 同社では 2013年から毎年、大阪府警察をはじめとする近隣府県警察の防犯啓発に協力。2018年上半期では、実在の組織を騙ってパスワードやクレジットカード番号などの個人情報を搾取する「フィッシングサイト」へ誘導された国内のインターネット利用者は290万人を超え、前期比で2.7 倍の急拡大となり、2014年上半期以降最大規模 を記録した。

 このほど、大阪府警察と大阪府クレジットカード犯罪対策 連絡協議会が被害防止啓発物として配布する、ポスターやチラシのほか、 ステッカーやメモ帳に「ロックマン」シリーズの最新作『ロックマン 11 運命の歯車!!』のメインビジュアルの採用が決定。

 当啓発物は10月8日に実施予定の「サイバー空間と現実空間の防犯コラボキャンペーン」をはじめ、大阪府の警察署などでチラシ5万枚、防犯啓発イベントにてステッカー3000個などの配布が予定されており、大阪府ならびに全国の犯罪抑止活動を支援していきく。

 同社は「今後も、社会から信頼される良き企業市民として、ゲーム コンテンツを活用することにより地域活性化や治安向上に貢献するなど、CSR活動に積極的に努めてまいります」と伝えている。



関連写真

  • 大阪府警察のサイバー犯罪防止啓発施策に採用された「ロックマン」
  • 『ロックマン11 運命の歯車!!』のメインビジュアル
  • 大阪府警察のサイバー犯罪防止啓発施策に採用された「ロックマン」
タグ

オリコントピックス