アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • ソプラノ歌手・田中彩子、世界バレー開幕戦で両国の国歌を独唱

ソプラノ歌手・田中彩子、世界バレー開幕戦で両国の国歌を独唱

 今月29日に開幕する『2018世界バレー女子大会』。TBSでは開幕初日から10月4日に行われる1次ラウンドの日本代表戦全試合および10月7日から11日までの2次ラウンドをゴールデンタイム(後7:00〜9:00)に生中継する(※試合終了まで延長)。29日(後7:00〜)から放送される開幕戦「日本VSアルゼンチン」で、ソプラノ歌手の田中彩子が両国の国歌を独唱することが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 昨年、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスにある南米最高峰コンサートホール「CCK(Central Cultural Kirchner)」で世界初演のソリストを務めたこともあり、君が代に加えて、アルゼンチン国歌も独唱することが決定した。

 田中は「このたびは2018世界バレーにて、日本・アルゼンチン両国の国歌独唱という貴重な機会をいただき大変光栄に思います。このような名誉なお話に驚きを隠せませんが、美しい日本国歌を心から大切に歌わせていただきます。また、数年前から何度も招聘を受けて、コンサートに出演したことでアルゼンチンとのご縁ができました。今回は昨年度の功績をご評価いただいてベスト初演賞を授与したばかりのタイミングということに加え、今年は日亜国交樹立120周年でもあります。このお話をいただいた際もアルゼンチンでコンサートツアーをしていたところなので、とてもうれしく思っております。選手皆さまへの心からの応援の 気持ちを込めて。田中彩子」と、独唱へのメッセージ。

 プロデューサーの村口太郎氏は「開幕戦が日本VSアルゼンチンということで、アルゼンチンにも縁があり、世界最高峰の大会にふさわしい歌声を持つ、田中彩子さんに国歌独唱のオファーをさせていただきました。“天使の歌声”と称される素晴らしい歌声で、この大会を開幕できることを本当にうれしく思います。9月29日、横浜アリーナでの両国国歌の独唱、今から本当に楽しみです」と、田中の起用理由を明かしている。

 「世界バレー」は参加118チームの中から予選を勝ち抜いた22チームと開催国の日本、そして前大会優勝国のアメリカを加えた24チームが競う、4年に一度、世界一を決するバレーボール界随一のビックイベント。記念すべき開幕戦、1次ラウンドの舞台となる横浜アリーナで、日本が世界に誇る、天使のソプラノが響きわたる。

■田中彩子プロフィール
 10代からその類いまれなコロラトゥーラの才能を注目され、ウィーンにおいて本格的に声楽を学ぶ。22歳で、ベルン州立歌劇場(スイス)において日本人初、かつ 最年少でのソリスト・デビューを飾る。その後もヨーロッパ各地でソリストとして迎えられ賞賛を浴びる。2014年には日本デビューを果たし、以来毎年秋にコンサートツアーを開催。テレビ・ラジオ等メディアでも注目を浴び、活動の幅を広げている。2017年秋に日本で2枚目のアルバム『ウィーンの調べ〜華麗なる コロラトゥーラ2〜』を発売した。

■『2018世界バレー女子大会』公式ホームページ
http://www.tbs.co.jp/sebare/



関連写真

  • バレーボールの開幕戦で日本とアルゼンチン両国の国歌を独唱する田中彩子
  • 開幕戦で日本とアルゼンチン両国の国歌を独唱する田中彩子
  • 開幕戦で日本とアルゼンチン両国の国歌を独唱する田中彩子

オリコントピックス