アニメ&ゲーム カテゴリ

「スヌーピーミュージアム」2019年に南町田にオープン 約2倍の規模に

 2016年4月に東京・六本木にオープンし、今年3月には来場者数100万人を突破した「スヌーピーミュージアム」が、2019年秋に街開きを控える「南町田グランベリーパーク」内に開館することが8月16日、発表された。町田市、東京急行電鉄株式会社、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツの3者によって、「南町田グランベリーパーク」の中央部分に位置する「パークライフ・サイト」に、「チャールズM.シュルツ美術館」(アメリカ、カリフォルニア州)の世界で唯一のサテライトミュージアム(分館)として開館する。

【写真】その他の写真を見る


 六本木の「スヌーピーミュージアム」は本年9月24日に当初からの予定していた会期を終え、閉館することがすでに発表されており、多くのファンからの惜しむ声も多数上がっていた。今回、六本木に代わる新たな場所として「南町田グランベリーパーク」に移転する「スヌーピーミュージアム」は、公園に面し、六本木の約2倍の規模となる。館内には魅力的なコンテンツが充実し、緑あふれる環境を活かしたアウトドア・プログラムを提供するなど新しく生まれ変わる。さらに、町田市が取り組む「えいごのまちだ事業」と連携し、子どもたちが楽しみながら英語を学べるオリジナル企画にも取り組むという。

 また、同館がオープンする「南町田グランベリーパーク」は、「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」として、南町田駅周辺に位置する鶴間公園と、2017年2月に閉館したグランベリーモール跡地を中心に、官民が連携して、都市基盤、都市公園、商業施設、駅などを一体的に再整備し、「新しい暮らしの拠点」を創り出していくプロジェクトとして進められているもの。

 「スヌーピーミュージアム」が開館する「パークライフ・サイト」エリアは、鶴間公園と商業施設の中間に位置し、ミュージアムのほか、本を媒介に人と人との交流を生み出す「まちライブラリー」、ワークショップスペース、子どもクラブ(児童館)、カフェを備える。これらの施設と、隣接する公園と商業施設が互いに連携することで、街全体を一体的に活用しながら、大人から子どもまでの幅広い世代が、新たな時間の楽しみ方を発見できる場所となることを目指していく。なお、2019年度中には、同プロジェクトの最寄駅名称も、現在の「南町田」駅から「南町田グランベリーパーク」駅に改称し、平日も急行列車の停車駅になる。

【「スヌーピーミュージアム」概要】
 スヌーピーファンの聖地「チャールズM.シュルツ美術館」(米カリフォルニア州)の世界で唯一のサテライトミュージアム(分館)。世界中の新聞に掲載されたコミック「ピーナッツ」やスヌーピーの魅力を貴重な原画や資料で紹介し、この場所でしか手に入れることのできないオリジナルグッズを販売、隣接するアネックスにはカフェも併設。六本木の約2倍の規模となる館内には魅力的なコンテンツが充実し、緑あふれる環境を活かした多彩なエンタテインメントやアウトドア・プログラムを提供する。
運営:株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ
協 力: チャールズM.シュルツ美術館(アメリカ、カリフォルニア州)
延床面積: 約2,600平方メートル+カフェ約200平方メートル(アネックス)
開館予定:2019年秋

関連写真

  • 六本木の「スヌーピーミュージアム」外観
  • 「南町田グランベリーパーク」俯瞰イメージ
  • 商業施設「グランベリーパーク」内広場イメージ
  • 新しくなる「南町田グランベリーパーク駅」イメージ

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年9月23日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年9月23日号

<COVER STORY>
鈴木貴歩氏(ParadeAll代表取締役)
日本のエンタメプレイヤーの人たちを
もっとグローバルにつなげていきたい

<SPECIAL ISSUE>
初秋の演歌・歌謡大特集 Part1
〜多面的に広がるアプローチ手法〜

お問い合わせ

オリコントピックス

 を検索