• ホーム
  • 芸能
  • 脚本家・橋本忍さん死去 100歳 『七人の侍』など黒澤作品手がける

脚本家・橋本忍さん死去 100歳 『七人の侍』など黒澤作品手がける

 映画『羅生門』『七人の侍』など数多くの名作を手がけた脚本家の橋本忍(はしもと・しのぶ)さんが19日午前9時26分、肺炎のため都内の自宅で亡くなった。100歳だった。

 橋本さんは1918年兵庫県生まれ。1950年、黒澤明監督の『羅生門』で脚本家デビュー。同作はベネチア国際映画祭で金獅子賞にも輝き注目を集めた。黒澤作品では『七人の侍』『蜘蛛巣城』『隠し砦の三悪人』『生きる』など計8作品に参加。他にも『日本沈没』『砂の器』など、日本映画史に残る名作を手がけてきた。



タグ

オリコントピックス