• ホーム
  • 音楽
  • ゆず、豪雨被災地を歌で支援 「うたエール」新ver.収益金を全額寄付へ

ゆず、豪雨被災地を歌で支援 「うたエール」新ver.収益金を全額寄付へ

 人気デュオ・ゆずが、「うたエール」弾き語りバージョンを急きょレコーディングし、20日に配信リリースすることが決定。その収益を「平成30年7月豪雨」被災地の支援金として全額寄付することを発表した。

 ゆずは豪雨が西日本を襲った7月6日、翌7日と8日に開催予定だった全国ツアー『YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL』広島グリーンアリーナ公演のため、甚大な被害に遭った広島に滞在していた。被害状況や公共交通機関の混乱などからファンの安全を最優先とし、広島公演2daysの中止を発表した。

 北川悠仁岩沢厚治は「滞在先から報道を通じて、広がっていく被害の大きさを目の当たりにし、とても苦しく、悲しい気持ちになりました。同時に、自分たちになにかできないかをずっと考えていました」と胸中を吐露。一部交通機関の復旧後、横浜に戻ると、スタッフを含めた緊急ミーティングを実施した。

 ゆずとして何ができるかを考えた末、“歌”で支援することを決意。最新アルバム『BIG YELL』から、“エール”と名のついた楽曲「うたエール」を選び、ゆずの原点である弾き語りバージョンで再レコーディング。アレンジやコーラスワークも再構築して歌に想いを乗せ、異例のスケジュールで音源を完成させた。

 「うたエール(弾き語りバージョン)」は、あす16日からニッポン放送、FM YOKOHAMA、広島FMをはじめ全国のラジオ番組で一斉に音源を解禁。20日から主要配信サイトでリリースし、その収益金の全額を「平成30年7月豪雨」被災地、および支援団体へ寄付する。寄付先や寄付金額は追って、ゆずの公式サイトで報告するとしている。

■ゆずコメント全文

はじめに、このたび発生した西日本豪雨被害において、被災者の方々のご無事を祈るとともに、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

災害が起きたとき、僕たちゆずは全国ツアーの広島公演前日で、広島に滞在していました。楽しみに待ってくれているファンの皆さんのために、なんとかライブができないかと考えましたが、自分たちの想像を超える大きな被害状況や公共交通機関の混乱、そしてなにより、お客様の安全を最優先し、ライブは 2 日間中止とさせていただきました。

滞在先から報道を通じて、広がっていく被害の大きさを目の当たりにし、とても苦しく、悲しい気持ちになりました。同時に、自分たちになにかできないかをずっと考えていました。そして湧いてきたのは今までもそうであったように、“歌”で皆さんにエールを、支援を贈りたいという想いでした。

横浜に戻り、すぐにゆずで話し合いを行いました。そして、「うたエール」という楽曲を、ゆずの原点である弾き語りで再びレコーディングし、皆さんにエールを贈る、という形を選びました。2人だけの歌と演奏に、いまの想いをすべて込めました。

この配信楽曲の収益金は、復興支援のためのお役に立てるように、全額寄付します。寄付金額や寄付先についても、改めてご報告させていただきます。

僕たちの歌が、皆さんのこれからの復旧・復興のエールになりますように。

ゆず
北川悠仁
岩沢厚治



オリコントピックス