• ホーム
  • 映画
  • 実写映画『プーと大人になった僕』 “森の仲間たち”の姿お披露目

実写映画『プーと大人になった僕』 “森の仲間たち”の姿お披露目

 ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写化した映画『プーと大人になった僕』(9月14日公開)より、プーさんとおなじみの仲間たちの画像が日本で初披露された。

 同作は、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わした心に残る別れの後、大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーさんの奇跡の再会からはじまる感動の物語。大人になったクリストファー・ロビンを『トレインスポッティング』(1996年)などのユアン・マクレガーが演じ、監督は『チョコレート』(2001年)、『ネバーランド』(05年)、『007 慰めの報酬』(09年)、『ワールド・ウォーZ』(13年)などを手がけたマーク・フォスター氏が務める。

 解禁された画像では、プーさんのことが大好きな優しい性格の子ブタ「ピグレット」、陽気でわんぱくなトラ「ティガー」、おっとりもののロバ「イーヨー」をお披露目。青空広がるビーチの砂浜で、デッキチェアの上でサングラス姿でくつろぎ、バカンスを楽しんでいるかわいすぎるオフショット(!?)や、みんなで大人になったクリストファー・ロビンの足元に集ったUS版ポスタービジュアルのほか、クリストファー・ロビンの帽子で、プーさんの顔がすっぽり隠れた愛らしいビジュアルの3種類。これらの画像を使用した特製ポストカード3枚セット付きのムビチケカード(前売鑑賞券)が、13日より発売される。



関連写真

  • バカンスを楽しんでいるプーさんと森の仲間たち (C)2018 Disney Enterprises, Inc.
  • 愛らしいビジュアル3種類 (C)2018 Disney Enterprises, Inc.

オリコントピックス