• ホーム
  • 芸能
  • EXILEメンバーが中尾翔太さん追悼 同郷の岩田剛典「ショックで言葉を失いました」

EXILEメンバーが中尾翔太さん追悼 同郷の岩田剛典「ショックで言葉を失いました」

 今年3月に胃がん治療に専念するため活動を休止していたEXILE TRIBEの9人組パフォーマー集団・FANTASTICSのメンバー・中尾翔太さんが6日、亡くなった。訃報を受け、EXILEメンバーが公式サイトなどで追悼コメントを発表した。

 MAKIDAIは「生前に翔太君に少しでも出来る事はないかと思い、会いに行かせて頂いた時の闘病中でありながらもとても力強い眼差しと輝きは今も心に刻まれています」と回想。AKIRAも「今、踊れる全てに感謝しながら 翔太が教えてくれた沢山の大切なことを胸に、翔太の分までボロボロになるまで踊り続けます」と後輩の思いを胸に刻むことを誓った。

 中尾さんと同じ名古屋出身で、中尾さんが11〜12歳のころに既に出会っていた岩田剛典は、近くで中尾さんを見てきた思い出を振り返り「22歳というあまりにも早く、残酷な現実に自分もショックで言葉を失いました。残念でなりません」と心境を吐露。主演ドラマ『崖っぷちホテル!』のクランクアップ翌日にお見舞いに行ったことを明かし、中尾さんから同作を毎週楽しみにしていると声をかけられたという。

 そして「必ず復帰してみんなと一緒にステージで踊ります。と自分をまっすぐな眼差しで見つめ、力強く話してくれました。痩せてしまったその身体つきからは考えられないような強靭なハートで最後の最後まで戦い抜いた翔太に、心の底からのリスペクトの気持ちでいっぱいです」と故人を悼んだ。

 昨年末に体調不良を覚えた中尾さんは、精密検査の結果で胃がんが見つかり、今年3月に公表。「突然の事で最初は戸惑いましたが、徐々に現実を受け止めこの病気と闘って行こうと決意しました!」と前向きな意思を示し、「絶対に勝ちます! 待っていてください! 引き続き応援よろしくお願いします!」と復活を誓っていたが、6日に亡くなった。

■EXILEメンバーの追悼コメント(一部抜粋)
EXILE MAKIDAI
翔太君が
やすらかである事を願い
心よりご冥福をお祈りいたします。

翔太君の事を忘れることなく
出会えた事に感謝をして
翔太君がくれた勇気と共に
これからの日々を歩んでいきたいと思います。

EXILE AKIRA
翔太
どうぞ安らかに眠ってください。

今、
踊れる全てに
感謝しながら

翔太が教えてくれた

沢山の
大切なことを胸に、

翔太の分まで
ボロボロになるまで踊り続けます。

黒木啓司
彼の歩んできた道は
本当だったらまだまだ長く続き
辛いことも楽しいこともたくさんあったと思います。
メンバーたちとバカな話をして笑いあったり
時には喧嘩しながらもチームを成長させ
いつか必ず大きなステージへと続く道だったと思います。

闘病生活の中でも、一日でも早く復活して
ステージでどんな登場をしようかななんて思っていたかもしれません。

翔太君は今は悔しい気持ちでいるかもしれませんが、
いつか必ず、笑ってFANTASTICSを見守って、ともに踊っていると思います。

橘ケンチ
きっとまだやりたいことはたくさんあったはず。翔太くんの夢はFANTASTICSメンバーが絶対にこれから叶えていってくれると思います。僕も精一杯応援していきます。

闘病生活きっと大変だったかと思いますが、翔太くんが前向きに頑張っているという話をいつも聞いていました。
本当にお疲れ様でした。

白濱亜嵐
残念ながら翔太は旅立ってしまいましたが

魂は僕達の胸にあり、これからも輝き続けます。

そして、

翔太が思い描いた夢はFANTASTICSのみんなが翔太の想いを背負って必ず叶えてくれると思います。

僕自身も翔太の分まで踊り続けたいと思います。

関口メンディー
“世の中に絶対はない”

当たり前のことが当たり前にできることの喜びを感じ、後悔のないように、翔太の分まで、一日一日を一生懸命に生きていきたいと思います。

翔太、本当にお疲れさま。

次会うときはまたゆっくり乾杯しようね。

EXILE USA
闘病中も挫けることなく、
絶対にステージで踊れるように、
EXILE魂を持って頑張りますと、
強く生きた翔太に心から尊敬の念を抱いております。

そんな、彼の強い生き様から
僕らは勇気とパワーをたくさん頂きました。

これからも
FANTASTICS、そして、僕らは翔太の魂や夢を胸に
ずっと一緒に夢を叶えていけるように、強く生きていこうと思います。

●岩田剛典
彼の声は
自分にエンタテインメントの世界で生きる意義を改めて気付かさせてくれました。

その時も翔太は弱音は一切吐くことなく、
必ず復帰してみんなと一緒にステージで踊ります。
と自分をまっすぐな眼差しで見つめ、力強く話してくれました。

痩せてしまったその身体つきからは考えられないような強靭なハートで最後の最後まで戦い抜いた翔太に、
心の底からのリスペクトの気持ちでいっぱいです。

そんな彼は今、別の場所に旅立ちましたが、
彼の想いや魂を胸に、彼が生きた証をEXILE TRIBEの看板を背負うメンバーとして、また1人の人間として全うしていこうと思います。



オリコントピックス