アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 稲川淳二、怪談50年の極意「人の悲しさや心があると盛り上がる」

稲川淳二、怪談50年の極意「人の悲しさや心があると盛り上がる」

 関西テレビの夏の風物詩『稲川淳二の怪談グランプリ2018(仮)』が10年目を迎えることを記念して、7月22日放送の予選(深1:00〜)と翌週29日放送の決勝(深1:00〜)の、2回にわたって放送。このほどカンテレ大阪本社内で行われた会見に出席した稲川は、50年間におよぶ怪談歴に裏打ちされた自身の見解を語った。

【写真】その他の写真を見る


 稲川は「私は常々『怪談というのは、どこで何があってっていう怖い事件を語ることではない』と言ってきました。最近は時代のせいか、その傾向が強いのですが、できればその裏にある、人の悲しさや心があると余計に盛り上がると思うんです。だからそんな“質の良い”怪談を語る方が現れるといいなと思います」とコメント。「2016年の廃墟での収録中、何か感じると思って、ある部屋をのぞいたら、神輿(みこし)があったんですよ。さらにその周りにはなぜか生活感があって…。ずっと音がしているのに誰もいないし、急に明かりも切れるし、パニックになりましたよ」とプチ怪談を披露した。

 今回は、過去の『怪談グランプリ』に出演した実力派怪談師たち9名を招集し、ファイナルステージにすすむ2枠をかけたサバイバルバトルを実施。一般客100人に最も怖かった怪談師1名の名前を書いてもらって投票し、多く票を勝ち取った2名が翌週の決勝に出場するという仕組みを採用した。審査委員長を務める稲川は、観客による投票制について「一番公平じゃないですか。私はもう怪談を50年間やっています。毎日怪談をやっている人と、たまに怪談を聞く人とは見方に違いが出て当たり前。私の専門的な感覚よりも、お客さんが素直に怖いと思った方がいいんじゃないかと思います」と納得の表情を見せた。

 出演者たちの怪談のレベルについても「本当に拮抗(きっこう)していた。平均してみんなレベルが高いけど、でもそれぞれの怪談師によって怪談の色合いが違っていたのがいい」と絶賛。審査員を担当するオカルト研究家の山口敏太郎氏も「怪談師という職業は、昭和初期に一度滅びてしまっている。だから僕は怪談師をスターウォーズでいう“ジェダイ”だと思っていて、ここに稲川淳二という“ヨーダ”がいます。今日の収録を見てようやく“ジェダイ”が増えてきたかなと思いました」と太鼓判を押していた。



関連写真

  • 『稲川淳二の怪談グランプリ2018(仮)』取材会の模様(C)カンテレ
  • 怪談50年の極意を語った稲川淳二(C)カンテレ
  • 『稲川淳二の怪談グランプリ2018(仮)』オカルト研究家の山口敏太郎氏(C)カンテレ
  • 『稲川淳二の怪談グランプリ2018(仮)』取材会の模様(C)カンテレ

オリコントピックス