アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • さんま、63歳の誕生日祝いに本音「何にもうれしくない」

さんま、63歳の誕生日祝いに本音「何にもうれしくない」

 7月2日に放送されるMBSのバラエティー番組『痛快!明石家電視台』(深0:01〜0:58)で、「さんま誕生日企画 実際どうなん!?明石家さんま」を特集。放送日の前日にあたる7月1日に63歳の誕生日を迎えるさんまを祝うべく、「さんまさんのおかげで人生が変わった!」「さんまさんのおかげで今がある!」と言うほどの芸能界の“さんまファン”9人がスタジオに登場する。

 収録に訪れた観客から拍手で迎えられたさんまだったが、MCの雨上がり決死隊に「お前らもいずれわかると思うけど、何にもうれしくない。55歳くらいからうれしくないな〜もう言わんといてほしい。本人は、散歩するのを嫌がる犬みたいにちょっとでも踏ん張っていたい」と本音をポツリ。

 一方、お笑いコンビ・爆笑問題や作家の辻仁成氏が所属する芸能事務所・タイタンの太田光代社長は、『笑っていいとも!』時代のさんまのオーラのすごさを熱く語り「一目惚れ」と告白。ラジオで6年共演したモーニング娘。‘18の飯窪春菜は、さんまからプレゼントされたTシャツを着て登場し、元女子サッカーの丸山桂里奈はおそろいで買ったというグッズを持参するなど、それぞれが思い思いの方法で“さんま愛”をアピールする。

 さんまから「信じられない」とファンを疑われるヒャダインは、それを証明するべく15年前の学生時代に同番組を観覧に来た時の映像を披露。さんまに初めて会った時に泣き出した元NHKアナウンサー住吉美紀、『恋のから騒ぎ』1期生の島田律子、舞台で何度も共演している山西惇、「ここに来られたのが夢のよう」という、さんまのものまねタレントほいけんたといった濃いメンバーが顔をそろえる。

 「私はコレでさんまファンに!」というテーマでは、山西が中学生時代にテレビ番組で見たさんまの強烈なインパクトを激白。「笑いながら水に落ちていた」という当時のさんまの貴重な映像も紹介される。飯窪はさんまを「かわいい!」と思った瞬間を、島田は最初の収録時でのエピソードを公開。「私だけが知っている!さんまさんが喜ぶスイッチ」「さんまさんの大好きな瞬間」では思いもよらぬエピソードが飛び出す。



オリコントピックス