• ホーム
  • 芸能
  • アニメ『斉木楠雄のΨ難』最終回で新作を予知!?

アニメ『斉木楠雄のΨ難』最終回で新作を予知!?

 テレビ東京ほかで放送されていたアニメ『斉木楠雄のΨ難』(第2期)が26日に最終χ(かい)を迎え、原作者の漫画家・麻生周一氏が「新作アニメ」を予言するかのような“天の声”役でゲスト声優として出演。視聴者に向けての描き下ろしエンドカード&メッセージも映し出されていた。

【写真】その他の写真を見る


 最終χ(かい)では本作の主人公となる超能力者・斉木楠雄(CV:神谷浩史)も「まだ誰も見たことが無い新作アニメだと? 『斉木楠雄のΨ難』次回でまた会おう」と、新作アニメを予知。楠雄が予知で見たアニメとは? 季節は冬!?

 最終回のアフレコに「斉木楠雄モデル」のメガネをかけて臨んでいた神谷は、楠雄の予知について「もしそうなら本当にうれしいです! まだ映像化されていない原作エピソードを最終χまでアニメと言う形でお届けできたら…楠雄が見た予知がそう言うものであると願っています!」と、コメント寄せていた。

 同作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載。テレパシー、サイコキネシス、透視などが使用できる超能力者の高校生・斉木楠雄に、次々と災難が降りかかる…というストーリー。アニメ第1期は、2016年7月から12月まで、第2期は18年1月から放送された。



関連写真

  • アニメ『斉木楠雄のΨ難』最終回ビジュル。楠雄が最終χで予知した「新作アニメ」とは一体?(C)麻生周一/集英社・PK学園2
  • 最終回EDカードは原作者・麻生周一氏の描き下ろし(C)麻生周一/集英社・PK学園2
  • アフレコに参加した声優陣の集合写真(C)麻生周一/集英社・PK学園2
  • 『斉木楠雄のΨ難』第2期DVD & Blu-ray2巻ジャケット(C)麻生周一/集英社・PK学園2

オリコントピックス