• ホーム
  • 芸能
  • EXILE・USA&TETSUYA、東京五輪はダンスで尽力「日本の元気につながる」

EXILE・USA&TETSUYA、東京五輪はダンスで尽力「日本の元気につながる」

 EXILEUSATETSUYAが26日、都内で行われた『TOKYO2020と祭りでつながろう』発表会に出席。東京2020公式ライセンス商品の浴衣に身を包み、2年後に控える大会への期待を語った。

【写真】その他の写真を見る


 発表会にはそのほかオリンピアン・パラリンピアンを代表して大林素子(バレーボール)、藤井瑞希(バドミントン)、田口亜希(パラ射撃)、山本篤(パラ陸上、パラスノーボード)も登場。1964年東京五輪時に流行した「東京五輪音頭」を現代風にアレンジした「東京五輪音頭-2020-」に乗せて、浴衣姿で『「ゆうゆう踊ろう」輪踊り』を披露した。

 「すごく簡単な振付で踊っていて楽しかった」と笑顔で語った大林は、ピンクの浴衣姿にノリノリ。USAが「浴衣も大林さんもお美しいです」とほほ笑むと、TETSUYAも「藤井さんと比べるとサイズ感は大きいですけど、それでも着こなしていますね」とジョークを交えながら絶賛していた。

 会見では、「東京五輪音頭-2020-踊り隊!」の結成が発表された。2年後の大会に向け、一人でも多くの「踊り隊!」を増やすため、今夏に開催される全国各地のお祭り会場にオリンピアン、パラリンピアンが訪問し、その輪をつなぐ。

 お披露目された踊りを鑑賞したUSAは「シンプルな動きの繰り返しなので、輪の中に入れば自然と踊れるようになっている。皆さんで一緒に楽しめる踊りで素晴らしい」。TETSUYAとともにダンスを通じて「東京五輪音頭-2020-」を盛り上げる特別動画を制作し、7月中旬以降に公開すると明かした。

 また、自らの意気込みを問われると、TETSUYAは「スポーツとエンターテインメントが融合することで、皆さんの笑顔が生まれたり、応援する力が日本の元気につながると信じながら活動してきたい」気合十分。USAは「世界一大きなダンスの場を作って、世界記録を作りたいですね」と野望を掲げていた。



関連写真

  • 東京五輪への期待を語ったEXILE(左から)USA、TETSUYA (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京五輪音頭-2020-「ゆうゆう踊ろう」輪踊り』を披露 (C)ORICON NewS inc.
  • 『TOKYO2020と祭りでつながろう』発表会の模様(C)ORICON NewS inc.
  • 『TOKYO2020と祭りでつながろう』発表会に出席した(左から)大林素子、藤井瑞希 (C)ORICON NewS inc.
  • 『TOKYO2020と祭りでつながろう』発表会に出席した(前列)田口亜希、(後列左から)USA、TETSUYA、山本篤 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス