アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『暦物語』地上波初放送 毎年恒例七夕展示の開催も決定

『暦物語』地上波初放送 毎年恒例七夕展示の開催も決定

 「App Store」と「Google Play」で配信された〈物語〉シリーズ公式アプリの新作短編アニメーションとして2016年1月9日より配信された『暦物語』(全12話)が、全6話に再編集され、TOKYO MX、BS11、とちぎテレビ、群馬テレビで放送されることになった。

 西尾維新氏による小説が原作のアニメ〈物語〉シリーズは、瀕死の吸血鬼を助けたことで自身も吸血鬼体質となった高校生・阿良々木暦(あららぎ・こよみ)が、怪異にかかわった少女たちのため奔走する日々を描いたもの。

 『暦物語』は、暦たちが過ごした1年間、これまでの“物語”と“物語”の間でひそかに生まれていた、いまだ語られていないエピソードたちを、ひと月に1話からなる12編の短編連作でつづったもの。そして“物語”は運命の朝へ向かう。

 毎年恒例となっている〈物語〉シリーズ七夕展示の開催も7月7日・8日の2日間に決定。今年も、原作者の西尾維新氏書き下ろしのキャラクター短冊、キャストやスタッフによる短冊、アニメ化が決定している最新シリーズ『続・終物語』と、今夏配信予定のスマートフォン向けアプリ『〈物語〉シリーズ ぷくぷく』の展示が予定されている。開催場所や展開内容等の詳細は追って発表される。

■公式ホームページ
http://www.monogatari-series.com/



関連写真

  • 公式アプリで配信された短編アニメーション『暦物語』の地上波初放送が決定。7月6日から(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • 放送では全6話に再編集(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

オリコントピックス