• ホーム
  • 映画
  • 『銀魂2』原作者・空知英秋氏が激励コメント「じっちゃんの名にかけて絶対観に来てくれよな」

『銀魂2』原作者・空知英秋氏が激励コメント「じっちゃんの名にかけて絶対観に来てくれよな」

 俳優の小栗旬が主演、福田雄一氏が脚本・監督を務める映画『銀魂』の続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)。原作者・空知英秋から激励(?)コメントが到着し、「爆死確実と言われた超豪華俳優無駄遣いB級コスプレ映画、前作銀魂が予想を覆しまずまずのヒットを遂げられたのは…」などと、空知氏らしさあふれる言葉がつづられている。

 続編では、原作ファンからも人気の高い「真選組動乱篇」「将軍接待篇」の2つを合体したストーリーが展開する。キャストは主人公・銀時を演じる小栗を筆頭に菅田将暉(志村新八役)、橋本環奈(神楽役)、中村勘九郎(近藤勲役)、柳楽優弥(土方十四郎役)、吉沢亮(沖田総悟役)、長澤まさみ(新八の姉・妙役)、岡田将生(桂小五郎役)、ムロツヨシ(平賀源外役)、佐藤二朗(役柄不明)、堂本剛(高杉晋助役)が引き続き出演。新キャストとして、お登勢役でキムラ緑子、伊東鴨太郎役で三浦春馬、河上万斉役で窪田正孝の出演が発表されていた。

 空知氏は、『銀魂』実写化が発表された際にも「メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから基本泥舟」などとコメントを寄せて話題を集めていた。今回もキャストや関係者の名前をあげていじりつつ、『銀魂』らしい笑いの詰まった内容になっている。

■空知英秋氏のコメント
爆死確実と言われた超豪華俳優無駄遣いB級コスプレ映画、前作銀魂が予想を覆しまずまずのヒットを遂げられたのは、ひとえにコスプレを許してくれた生ぬるいファンの皆様の寛大な心、今飛ぶ鳥を落とす勢いというか、その鳥と同じ勢いで過労死一直線の福田監督、そして飛ぶ山田優をオトした小栗くんの頑張りのおかげです。3%くらいは。残る97%はほぼほぼ水分、そして僕の原作の力と堂本剛の力、俺達2人合わせてGinKi Kidsの力だったワケですが、そのへん勘違いしてもう一発当てちゃおう的な雰囲気になっている大人達がちゃんちゃらおかしくて、次こそ爆死だねって剛と2人で笑ってます。光一も寿司握りながら笑ってました。
そんな、みんなを笑顔にする映画銀魂がいよいよ劇場に帰ってくるぞ。
みんな、じっちゃんの名にかけて絶対観に来てくれよな。来ないとお前を握ってやる!!



オリコントピックス