• ホーム
  • 芸能
  • 『Number PLUS』ロシアW杯特集読本が4週連続1位

『Number PLUS』ロシアW杯特集読本が4週連続1位

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 スポーツ誌『Number』によるロシアW杯特集読本『Sports Graphic Number PLUS June 2018 ロシアW杯蹴球読本RUSSIA WORLD CUP 2018』(文藝春秋/5月24日発売)が週間0.9万部(累積3.3万部)を売り上げ、6/25付オリコン週間BOOKランキングジャンル別「スポーツ関連」(集計期間:6月11日〜6月17日)で1位を獲得。6/4付から先週6/18付まで3週連続で1位となっていたが、これで同ジャンル4週連続1位となった。

 本作は、6月14日より開催中の『2018 FIFAワールドカップロシア』の見どころや展望を完全網羅したガイドブック。全出場国と選手紹介のほか、ファビオ・カペッロ氏によるスペシャル解説やメッシ選手の独占インタビューなども掲載している。

 さらに今週の同ジャンルでは、9位に『ロシアワールドカップ観戦ガイド完全版』、10位に『ロシアワールドカップ観戦ガイド直前版』(共にTAC出版)がランクインし、ワールドカップ関連の計3作がTOP10入り。今週19日には日本代表が初戦のコロンビア戦を制したことで、今後さらなる注目と盛り上がりをみせそうなだけに、来週以降も関連作のセールスには要注目だ。

 今週付のBOOKランキングではそのほか、西尾維新氏「物語シリーズ」最新作『宵物語』(講談社)が週間3.5万部を売り上げ初登場1位を獲得。2位には先週6/18付で自己最高位の6位を獲得したカラテカ・矢部太郎の『大家さんと僕』(新潮社/2017年10月31日発売)がランクインし、今週も自己最高位を更新、初のTOP3入りを記録した。

■調査協力店
旭屋書店、アスマート、ANIPLEX+、アニメイト、Amazon.co.jp、ヴィレッジヴァンガード、紀伊國屋書店、キャラアニ、くまざわ書店、ゲオ、ゲーマーズ、コーチャンフォー、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、ジュンク堂書店・丸善書店、精文館書店、セブンネットショッピング、タワーレコード、タワーレコード オンライン、TSUTAYA、戸田書店、ネオ・ウィング、明屋書店、フタバ図書、BOOK EXPRESS、ブックスタマ、honto.jp 、未来屋書店、八重洲ブックセンター、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、ローソンHMVエンタテイメント、WonderGOOほか全国書店3,944店舗(WEB通販含む)※2018年6月25日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30



オリコントピックス