• ホーム
  • 芸能
  • 大竹まこと、腰痛でラジオ欠席 自宅から電話出演「ぎっくり腰が悪化して椎間板ヘルニア」

大竹まこと、腰痛でラジオ欠席 自宅から電話出演「ぎっくり腰が悪化して椎間板ヘルニア」

 タレントの大竹まことが、腰痛のため15日放送のレギュラーラジオ『大竹まことゴールデンラジオ』(月〜金 後1:00)の生放送を欠席した。自宅で静養している大竹は電話出演し「痛くて起き上がられない」と現状を報告した。

 番組オープニングで、金曜パートナーの室井佑月が大竹の欠席を報告。大竹は電話で「ぎっくり腰が悪化して椎間板ヘルニア」と診断されたことを明かし、「立っているのもつらい。横になっている時も向きによってはつらい」と痛みを訴えた。

 しかし、電話で話すのに慣れてきた大竹は「このまま(2時間半)最後まで行けるかな」と冗談めかし、「自宅だといいことがある」とタバコに火をつけるなど、マイペースでトークした。

 この日のゲストは、元NHKの有働由美子アナ。退社後初の民放ラジオ初出演という貴重な機会だが、大竹は対面を果たせずとなってしまった。



オリコントピックス