• ホーム
  • 芸能
  • ダイアモンド☆ユカイ、ベスト・ファーザー賞に感慨「ロックンローラーとして逆走している…」

ダイアモンド☆ユカイ、ベスト・ファーザー賞に感慨「ロックンローラーとして逆走している…」

 ロックシンガーのダイアモンド☆ユカイ(56)が7日、都内で行われた第37回『ベスト・ファーザー「イエローリボン賞」』(日本メンズファッション協会主催)発表・授賞式に出席。17日の父の日(毎年6月第3日曜日)に先立ち開催された同賞で、日本を代表するお父さん“ベスト・ファーザー”賞の芸能部門に選出された。

ダイアモンド☆ユカイ、妻の難病明かす「生きてるうちはオレが守る」


 ロックンローラーとして一時代を築いたが、父になり、曲調も生活スタイルもガラッと変わったという。ユカイは「47歳のときに授かりました。夜型ロッカーだったんですけど朝方ロッカーになりました。人生が187度ぐらい変わりましたね」とあいさつし、笑わせた。

 現在は長女と双子の男児がいる。「子どもたちは目の中に入れても痛くない。双子の男の子は小学生になったんですけど、幼稚園のときはPTAの会長までやらせていただいた。ロックンローラーとして本当に逆走しているというか…」と苦笑い。それでも「自分が誇れるものがステージの上でロックンロールを歌うこと以外ない。だから、こんなベスト・ファーザー賞をいただいて…。まだ子どもたちは双子が小学校1年、娘が小学校3年。まだまだ、これからいろんなことがあると思います。一つの励みにして頑張らせていただきたい」と今後に気合を入れた。

 そして「与えることの喜びは意味がわからなかった。奪うことしか喜びは知らなかった。でも今は与えることが素晴らしいことなんだと知って、未来を生きる子どもたちを見守る父親になりたい」と力強く宣言した。昨年末に沖縄旅行に行った際に絵付けしたシーサーを公開するなど、よきパパの一面を見せていた。

 ベスト・ファーザー賞に併せて最優秀賞が発表された『お父さんの似顔絵コンクール』に、ユカイに内緒で双子・匠音くん、頼音くんが応募していたことも明かされた。作品はユカイのベスト・ファーザー賞受賞とは関係なく、最終選考まで残っていたという。そんな偶然に同コンクールは特別賞を匠音くん、頼音くんに授与することになった。代理で受け取ったユカイは「似てるのは髪ぐらいかな」と照れつつ「ほんとにありがたいですね。励みにしたい。やったぜ!」とガッツポーズを見せた。

 囲み取材でユカイは「自分は不器用。これは俺の妻がいたからもらえたんだと思います」と妻へ感謝の言葉を口にした。「(妻に)ちゃんとは言ってない」そうで「きっと驚くと思います」と笑った。「ロックは賞と無縁。それが、こんなのいただいちゃって。びっくりですね」と授賞式が終わっても信じられない様子だった。

 子どもたちの将来についても言及。「まだ小さいんでね」としつつ「長女は医者になりたいと。長男はサッカー選手と言っている。よくできている。若干、1名、弟がロックンローラーになりたいと言っている。これだけは阻止しようかな」とニヤリ。一方で「双子だけど声質が違う。昔、クリスタルキングってのがいましたよね。あんな風になるんじゃないか」と音楽センスへの期待も口にしていた。

 同賞は1982年から開催。今年はユカイのほか、愛知県長久手市長の吉田一平氏(72=政治部門)、メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏(53=経済部門)、落語家の林家たい平(53=学術・文化部門)、ボクシングの元WBC世界バンタム級王者・山中慎介氏(35=スポーツ部門)が、それぞれ受賞した。



関連写真

  • ベスト・ファーザー賞芸能部門に選出されたダイヤモンド☆ユカイ (C)ORICON NewS inc.
  • 匠音くんと頼音くんが描いたイラスト(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス