• ホーム
  • 芸能
  • フジW杯中継MCにジョン・カビラ&宮司愛海アナ 解説陣も決定

フジW杯中継MCにジョン・カビラ&宮司愛海アナ 解説陣も決定

 14日より開幕する『2018 FIFAワールドカップ』ロシア大会でフジテレビ系中継番組のMCをジョン・カビラ宮司愛海アナが務めることがわかった。同局サッカーの顔として2002年のFIFAワールドカップ日韓大会はじめ、これまでも多くの熱戦を見届けてきたカビラは16年前の歴史的な『日本×ロシア戦』をキャスターとして伝えた経験もあるだけに今回の気合も十分。宮司アナはこの春からスポーツニュース番組『S-PARK(スパーク)』のキャスターも担当するフレッシュな新“スポーツの顔”であり、ベテラン・カビラとのコンビネーションにも注目だ。

【写真】その他の写真を見る


 また、解説陣も発表され、元日本代表で日韓大会でもゴールを決めた鈴木隆行、2006年ドイツ大会でキャプテンとして活躍した宮本恒靖、そして同局サッカー中継ではおなじみの風間八宏、山口素弘、清水秀彦らが起用された。

 同局では、グループH最大の目玉となる28日の『日本×ポーランド』戦を午後9時から放送。同局がW杯の日本戦を中継するのは、2002年日韓大会の『日本−ロシア』戦以来16年ぶりで、この試合は日本が2−0で勝利し、視聴率66.1%はフジテレビ歴代1位を誇っている(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)。また、日本戦以外でも『エジプト×ウルグアイ』『コスタリカ×セルビア』『デンマーク×オーストラリア』など注目カードをゴールデン帯に生中継する。

◆ジョン カビラ コメント
「211のFIFA加盟チームから予選を戦い抜いた32チームの精鋭たちが己の全てを賭けて戦う最高峰の大会! 開幕待てません。そして、’02日韓大会第2戦、今回の開催国(!)“ロシア”を下してW杯初勝利をもぎ取った日本代表の快挙をお届けしてから16年。’64東京五輪“東洋の魔女”が“ソビエト連邦”(!)を決勝で下したゲームに次ぐスポーツ生中継視聴率記録の同ロシア戦を名将ベンゲル氏とお届けして16年。さあ、日本、運命の第3戦のポーランド戦生中継、どんなドラマが展開するのか? スポーツを愛する全ての人の目をくぎ付けにするゲーム、頼むぞ、サムライブルー!」



関連写真

  • 『2018 FIFAワールドカップ ロシア』フジテレビ系中継MCに決定したジョン・カビラ (C)フジテレビ
  • 『2018 FIFAワールドカップ ロシア』フジテレビ系中継MCに決定した宮司愛海(C)フジテレビ

オリコントピックス