• ホーム
  • 芸能
  • 広瀬香美、独立騒動で前事務所代表が親心 6月中に代理人同士で再度話し合い

広瀬香美、独立騒動で前事務所代表が親心 6月中に代理人同士で再度話し合い

 歌手・広瀬香美(52)が、5月28日に所属事務所だったオフィスサーティーからの移籍を自身のフェイスブックで発表したことを受け、同事務所が6月1日、都内で会見。事務所社長の平野ヨーイチ氏は突然の独立宣言に戸惑いつつも深い親心を見せた。

 きのう5月31日、事務所サイトでは「これまで弊社所属アーティストとして活動しておりました『広瀬香美』こと石井麻美氏は、弊社の許可を得ることなく、2018年5月28日付でインターネットにおいて『新たな事務所に移りました』等と発表しております」と広瀬が無許可で独立を発表したと指摘。抗議すると共に、「広瀬香美」の芸名を使っての芸能活動禁止を求めた。一方の広瀬は同日、活動休止の意向はないことを自身のツイッターでつづっている。

 代理人弁護士2人と共に会見をした平野氏は今年2月に広瀬から事務所と音楽学校の代表を代わってほしいという要請があり、4度にわたり話し合ったが、まとまっていないことを明かした。平野氏は代表交代の申し出に「常識的にできない」と断り「あなたの思う通りにやる。一切、口を出しません」と譲歩し、業績が上向けば代表取締役を変わる提案をした。しかし広瀬は「気持ちの問題で」と断ったという。

 そして21日に広瀬側の代理人から契約解除の通知が届き、独立を宣言。平野氏は「独立を一方的にフェイスブックで発表した。私たちも驚いた。陰ながら、いろんなことに相談を乗ったつもり」と思いを吐露。すぐに代表権をわたさなかった理由について「免許の更新もわからないような世間知らずの人が代表取締役になって会社でフォローできるのか心配があった」と説明した。

 突然の独立宣言についても「いきなり後ろから殴りつけられたような感じ。誰かが、いろんな提案を言って彼女としても迷っていたのかも。ご存知のように、ヒットが出ていませんし」と推察した。

 深い親心も見せる。ロサンゼルスで広瀬を見いだし、デビューまで導いた。好きな曲を問われても間髪を入れずに「Dear」と即答。シングルカットされた「DEAR...again」のもとになった曲で「彼女が私と一緒にデモ音源を作ったりした。その曲は思い入れがあって奇跡のような曲だと思っていた。あれがナンバーワンだと思っています」と言い切った。

 平野氏は経緯を説明し、約1時間15分にわたって真摯に対応。マネージャーが28人も変わるなど広瀬の言動に問題があったことも認めつつ「強くは言えませんでした」と反省。会見の最後には「別に彼女と争いたい、けんかしたい、モメたいわけじゃない。今まで広瀬香美としてやってきたアーティストを潰してやりたいとは思っていない」と本音を口に。

 続けて「彼女が反論とかするかもしれません。ですが、それに関してこれ以上、お答えするつもりはありません」ときっぱり。理由は「私は何かをごまかしたり、隠したりという気持ちは全くない。醜い泥仕合をしたくないので、お話は金輪際するつもりはありませんので、ご理解ください」と説明。深い親心を持って平和的な解決を目指し、6月に代理人同士で行われる話し合いの結果を待つことにするという。

 オフィスサーティーは1996年に設立。最初は広瀬の印税管理業務を担っていたが、2010年からマネージメントも行うようになった。経営状況については「トントンです」(平野氏)とした。広瀬(石井麻美)も株主という。



オリコントピックス