• ホーム
  • 芸能
  • 三浦しをん氏原作『風が強く吹いている』TVアニメ化 10月放送

三浦しをん氏原作『風が強く吹いている』TVアニメ化 10月放送

 直木賞・本屋大賞受賞作家、三浦しをん氏が、国民的スポーツ「箱根駅伝」に挑む大学生たちの姿を描いた青春小説『風が強く吹いている』(新潮文庫)が、テレビアニメ化され、10月より日本テレビ、BS日テレほかで放送されることが5月31日、発表された。

 監督は、アニメ『攻殻機動隊 新劇場版』や『ジョーカー・ゲーム』を手掛けた野村和也氏。シリーズ構成・脚本は、映画『桐島、部活やめるってよ』で、第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した喜安浩平氏。キャラクターデザインはアニメ『ハイキュー!!』シリーズで総作画監督を務めた千葉崇洋が担当する。アニメーション制作は『ハイキュー!!』や『黒子のバスケ』など、スポーツアニメの数々を手がけてきたProduction I.Gに決定している。

 キャストでは、主人公の1年生・蔵原走役に大塚剛央、走を駅伝に誘う4年生・清瀬灰二役に豊永利行が決定。走と灰二がそれぞれの前を見据える姿が描かれたティザービジュアルも公開された。共に駅伝を目指す残り8人は後日、発表される。

■アニメ公式サイト
http://kazetsuyo-anime.com/



オリコントピックス