• ホーム
  • 芸能
  • GENERATIONS白濱亜嵐、『めざましテレビ』で“エンタメプレゼンター”に挑戦

GENERATIONS白濱亜嵐、『めざましテレビ』で“エンタメプレゼンター”に挑戦

 EXILEGENERATIONSパフォーマー・白濱亜嵐が6月4日から1ヶ月間、フジテレビ系朝の情報番組『めざましテレビ』(月〜金 前4:55)の毎週月曜6時のエンタメコーナー『見たもん勝ち』から番組最後までに生出演し、エンタメ担当の軽部真一アナウンサーと共に、さまざまなエンタメニュース“エンタメプレゼンター”を務めることがわかった。

 番組初の試みとなる企画の第1号に白濱が起用された。同番組では6月以降のマンスリーエンタメプレゼンターは俳優・アイドル・芸人など、日本のエンターテインメント界で活躍している人々をキャスティング予定。6時台のエンタメコーナーをはじめ、「イマドキ」、時には「めざましじゃんけん」など、7時台からは番組終了までMCの一人として軽部アナの隣で一緒に情報を伝え、時には掛け合いながらコーナーを展開していく役割を担う。

 自身初の“情報番組のプレゼンター”挑戦、そして生放送の情報番組にレギュラーで出演するのも初めてとなる白濱。「お話を頂いてとても驚きました。ゲスト以外の朝の生放送は今までやったこともなかったので、自分に務まるのであればぜひやってみたいと思いました」と喜び、「不安もありますが、テレビの前の皆さんに今日も一日頑張ろうと思って頂けるよう、画面を越えてお一人お一人に直接言葉を届ける気持ちで臨みたいと思います」と意気込みを語っている。

 そんな白濱の期間限定の“相棒”を務める軽部アナは「25周年に入った『めざましテレビ』がエンタメコーナーで新しい試みをすると聞いて非常におもしろそうだな、楽しみだなと素直に思いました。今回はあくまでもゲストとしてではなく、1ヶ月という期間ではありますが、レギュラーという形で、エンターテインメント界の真ん中に身を置いていらっしゃる方をお迎えするので、その方ならではのコメントや感じ方、説得力を披露していただきたいですし、自分としてはそこを引き出していけたらと思います」とやる気をみせている。



オリコントピックス