• ホーム
  • 芸能
  • 藤井聡太七段、早指し将棋は「決断力」 羽生竜王着想ルールで「早指しならではの臨場感を」

藤井聡太七段、早指し将棋は「決断力」 羽生竜王着想ルールで「早指しならではの臨場感を」

 インターネットテレビ局・AbemaTVの「将棋チャンネル」で、羽生善治竜王(永世七冠)の着想から生まれた新番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』の収録が27日、都内で行われた。対局前に藤井聡太七段が囲み取材を行い、意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 羽生竜王の着想で作られたトーナメントは、持ち時間が増減する「AbemaTVルール」で対局が行われる。持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用。チェスでも用いられるものだが、対局は通常の将棋と同じく正座形式で行います。1対局約30分と初心者でも楽しみやすい、スピーディーな展開が見所のオリジナルルールとなっている。

 変則ルールとなるが、対局前に藤井七段は「早指しは常にスリリングな展開になる。対局者としては決断力。全ての手を読むことはできないので、選択も大事になる」と口にし「早指しは自分を信じることも大切。自分を信じてやりたい」と力強く語っていた。

 対局後、藤井七段は「直感で指しているうちは(持ち時間が)増えていくんですけど、1度考えると一気に減ってしまう。そのあたりの使い方は難しいなって思いました。終盤に時間を残そうと思ったんですけど、実際はなかなか難しいと思いました」と振り返った。「時間のない中でも冷静に判断した」と話し、フィッシャールールで必要なものについて「決断力はかなり重要になってくるかな」と感想を語った。

 「これほど短い時間で、というのはなかなかない。その中で、いかに決断していくのかは新鮮に感じました。普段の対局とは感覚が違って面白かったです」とにっこり。また、解説も間に合わないほどのスピード感となった。「見ている方にとってスリリングで面白いものだと思う。早指しならではの臨場感を感じていただけたら嬉しいですね」と見どころを説明した。

 最後は「充実感はありましたね」と対局を楽しんでいた。

 予選に参加する12人は、A、B、Cの3ブロック各4人に分かれ対決。三番勝負を2度制した2人が、本戦トーナメントへ進出する。藤井七段は橋本崇載八段、三枚堂達也六段、近藤誠也五段と共にAブロックに参加。この日は近藤五段と対局となる。勝ち抜けば、シード棋士・羽生善治竜王、久保利明王将の2人を加えた8人で本戦トーナメントで対局を行い、優勝者を決定する。

 対局の模様は6月17日午後8時から放送される。



関連写真

  • AbemaTVの将棋オリジナル番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』に出場する藤井聡太七段 (C)ORICON NewS inc.
  • 羽生善治竜王(永世七冠)の着想から作られた将棋界の早指し王を決定するオリジナル対局企画に藤井聡太七段が出場 (C)ORICON NewS inc.
  • AbemaTVの将棋オリジナル番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』に出場する藤井聡太七段 (C)ORICON NewS inc.
  • AbemaTVの将棋オリジナル番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』に出場する藤井聡太七段 (C)ORICON NewS inc.
  • AbemaTVの将棋オリジナル番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』に出場する藤井聡太七段 (C)ORICON NewS inc.
  • AbemaTVの将棋オリジナル番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』に出場する藤井聡太七段 (C)ORICON NewS inc.
  • AbemaTVの将棋オリジナル番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』に出場する藤井聡太七段 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス