• ホーム
  • 芸能
  • 『ガラスの仮面』美内すずえ氏、『別冊花とゆめ』休刊も「最終巻まで描き続けます」

『ガラスの仮面』美内すずえ氏、『別冊花とゆめ』休刊も「最終巻まで描き続けます」

 白泉社の少女漫画誌『別冊花とゆめ』が、26日発売の7月号で休刊することを受け、同誌で連載中だった『ガラスの仮面』の作者・美内すずえ氏は同日、ツイッターで「必ず最終巻まで描き続けます」と宣言した。

 ツイッターでは「『別冊花とゆめ』休刊のお知らせに驚かれた方々。本当に申し訳ありません。雑誌連載の方向性が決まれば、またお知らせします」と今後の掲載先は明かさなかったが「ただ『ガラスの仮面』は、必ず最終巻まで描き続けます。これからも宜しくお願いします」とファンに報告。

 また、今回休刊になるのは『別冊花とゆめ』だが、『花とゆめ』が休刊すると勘違いしている方に向けて「え〜と、ですね。休刊になるのは『別冊花とゆめ』。『花とゆめ』は健在ですよ〜」と呼びかけた。

 『ガラスの仮面』は、『花とゆめ』で1976年から97年まで連載。2008年から『別冊花とゆめ』へ移籍し、不定期ではあるが連載が続いていた。



オリコントピックス