• ホーム
  • 芸能
  • 「ハローキティ新幹線」6・30出発進行! かわいすぎる内装公開

「ハローキティ新幹線」6・30出発進行! かわいすぎる内装公開

 JR西日本(西日本旅客鉄道)は18日、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とコラボレーションした「ハローキティ新幹線」を6月30日から運行することを発表し、内装デザインを公開した。

【写真】その他の写真を見る


 ハローキティ新幹線は、西日本の地域活性化を目指して誕生。13日に惜しまれながら運行を終了したエヴァ新幹線(500 TYPE EVA)同様、500系新幹線こだま730号/741号(8両編成)を特別デザインし、博多−新大阪間を1日1往復する。

 ピンクを基調にした外装は「つなぐ」「結ぶ」との思いが詰まったリボンをモチーフにデザイン。先頭車両(1・8号車)では制服を着たハローキティのイラストがお出迎えし、各号車には地域限定(大阪・兵庫・岡山・広島・山口・鳥取・島根・福岡)デザインのハローキティがあしらわれる。

 1号車の「HELLO!PLAZA」は、西日本各地域の魅力を期間限定で紹介する展示スペースで、特産物を購入できるショップや映像コーナーなどが設けられる。まずは7〜9月に行われる「山陰デスティネーションキャンペーン」にあわせ、鳥取・島根両県のおすすめイベントやスポットを紹介。10月頃からは、「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン・アフターキャンペーン」にあわせ、山口県をテーマに取り上げる予定。

 2号車「KAWAII!ROOM」(自由席)は、その名のとおり、かわいいハローキティワールド全開。座席や窓枠などに特別な内装が施され、旅の案内人「ハローキティ」といっしょに記念撮影ができるフォトスポットも設置される。また、車内チャイムは「ハローキティ新幹線」限定のオリジナルメロディーが流れ、ファンには夢のような空間となりそうだ。

 ハローキティ新幹線「こだま730号」は午前6時40分に博多を出発し、午前11時13分に新大阪着。折り返しで「こだま741号」は午前11時29分に新大阪を出発し、午後3時38分に博多に到着する。公式サイトでは9月30日までの運行日が公開されている。



関連写真

  • ハローキティ新幹線1号車「HELLO!PLAZA」は西日本各地域の魅力を紹介
  • 2号車「KAWAII!ROOM」(自由席)にはフォトスポットも
  • 2号車「KAWAII!ROOM」(自由席)は座席や窓枠などもハローキティ仕様
  • ハローキティ新幹線1号車「HELLO!PLAZA」は西日本各地域の魅力を紹介
  • ハローキティ新幹線ロゴ
  • 特産物を手にした鳥取ハローキティ&島根ハローキティ
  • ハローキティ新幹線外観
  • ハローキティ新幹線ロゴ

オリコントピックス