• ホーム
  • 芸能
  • 【TOKIO会見】「4人前を向いて進む」 今の仕事は「誠心誠意をもって」

【TOKIO会見】「4人前を向いて進む」 今の仕事は「誠心誠意をもって」

 人気グループ・TOKIO山口達也(46)が女子高生に無理やりキスを迫り、強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検(起訴猶予処分)されたことを受け、城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、都内ホテルで会見を行い、それぞれ、自身の口から今後のグループについての方向性や思いを語った。

 城島は「実際(グループの方向性について)自分たちが言える立場ではないのが本音ではあります」としつつも「現在それぞれ、ありがたいことにいただいている仕事もありますし、それを責任をもってやらさせていただかないといけない。プロとしての責任。いまは4人ではありますが、誠心誠意やっていかなくてはいけない。信頼回復に関しても自分たちがやっていくしかないというのもあるので、メンバーでしっかりやっていかなくてはいけないという思いがあります」と話した。

 松岡は「プロとしてお仕事を継続させていただいている以上は、それを辞めてしまうことが関係者の皆さまに一番のご迷惑だと思っています。いただけているうちは、しっかりやらなくてはいけない」といい「あとは皆さんに見ていただいて、ご判断いただいて、『あーやっぱりTOKIOじゃないね』という声が出たら、4人なのか、(グループを)なくすのか、しっかり考えたいと思います」と思いを伝えた。

 長瀬は「本人も自分の甘さに気付いてます。でも、こういうことがあって、その信頼が欠けてしまったことも事実だと思います。これをまた信用できるように、彼がやんなくてはいけないことを、やっていってほしいと思いますし、個人個人の仕事もあります。今はいただいている仕事を一生懸命やらせていただきながら、今後の自分たちを考えていこうかなと思っております」と前を向いた。

 国分は「このような大きな事件がありながら、TOKIOとしての継続するという仕事も決まりました」と明かし「それに関しては、この4人でしっかり前を向いて進んでいきたいと思います。先ほど松岡からも出たように、僕たちが出ている作品は、視聴者やファンの皆さんが評価するものなので、僕らが言う権利がありません」。

 続けて「山口に関しても、まだ僕自身も冷静ではありません。この4人の中でもどうしていくことがいいのか、結構割れたりもしています。これだけ長く続けてきたからこそ、もっと冷静になったときに、自分たちもいろいろと判断しなくてはいけないと。辞表を受理するにしても、僕個人的には、脱退したとしても、今まで頑張ってきたやつなので、どんなカタチであれ、彼が自分と向き合うこと、そして被害に遭った方と、どう向き合っていくのか、それを見守る責任があるというのが自分にはあると個人的には思っています」と、それぞれ前を向きつつも複雑な胸中も吐露した。

 この日冒頭では、松岡、城島、国分、長瀬の順で一人ずつ会場に登場すると、最初にマイクを持った城島は被害者と家族、ファン、関係者に謝罪。5人で話し合いをしたところ、山口から「TOKIOを辞めます」と切り出され、辞表を渡されたが「TOKIOとしてやっていく責任がある」とし、答えを出すよりも先に謝罪会見を行ったと経緯を説明した。



関連写真

  • 謝罪会見をおこなったTOKIO(左から)長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見をおこなったTOKIO(左から)城島茂、松岡昌宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見をおこなったTOKIO(左から)長瀬智也、国分太一 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス