• ホーム
  • 芸能
  • 三四郎、長井短、四千頭身、健太郎…『ANN0』番組が大集合 バスケ、落語披露で沸かす

三四郎、長井短、四千頭身、健太郎…『ANN0』番組が大集合 バスケ、落語披露で沸かす

 ニッポン放送のリスナー感謝イベント『Smile&Green! ラジオパーク in 日比谷〜あなたにショウアップ!』が29日、東京・日比谷公園内で開催。放送開始から50周年を迎えたニッポン放送の人気枠『オールナイトニッポン』(ANN)の直後に放送される『オールナイトニッポン0(ANN0)』(月〜木、土 深3:00〜4:30/金 深3:00〜5:00)のレギュラーパーソナリティーを集めたイベント『オールナイトニッポン0(ゼロ)まつり』が行われ、今年で同枠の担当4年目となる三四郎がMCを務めた。

【写真】その他の写真を見る


 はじめに三四郎が登場すると、会場からは大きな歓声。「それぞれの得意なことを披露して、パーソナリティーのことを知ってもらう」というテーマに沿って、漫才を披露したが、相田周二が「餃子作りと悩んだんですけど、今回は漫才をやります」とにっこり。20日深夜の放送で、ひとり暮らしをしている相田の自宅から放送した際に餃子を作っていたことを受けてのボケだったが、会場からの笑い声の大きさに番組の反響を実感した様子だった。

 続いて登場した木曜担当の四千頭身もテンポ感のあるトリオ漫才で魅了。芸名の由来を聞かれると「龍が四千頭身くらいあるということでつけました。Dr.コパさんもいいって言っていました」と明かし、番組内のコーナーについても「滝のコーナーというのがあって、リスナーの方々からいろいろ送ってもらっています。ガチな情報もほしいんですけど、それだけだと…っていう感じなんですが、みんなボケにくいみたいですね」と笑わせた。

 次は火曜担当のCreepy Nutsが合流。R-指定が観客からワードをもらいながらフリースタイルラップに挑戦すると、その完成度の高さに会場も大興奮。かなりハードルが上がった状態で特技を披露することになったDJ松永が選んだのは、まさかのサッカーのリフティング。最高で5700回続けることができたと豪語していたが、この日はリフティングに適していなかった靴だったため、30回程度で終了。四千頭身の石橋遼大もリフティングが得意ということで急きょチャレンジしたところ、あっさり記録を更新されてしまい、松永は「本当はDJをやりたいって言ったんですけど、却下されて、何やるんやろうと思って来たら、リフティングで…」とボヤキをさく裂させた。

 温かい雰囲気の中で、月イチ土曜担当の健太郎も登場し「これまで特番1回とレギュラー1回やらせてもらっていますが、すごく楽しいです、こんなに自分が素でしゃべることないので…とりあえずすごく音楽かけています」と初々しいコメント。特技のバスケドリブル5人抜きでは、三四郎の小宮浩信が奇妙な動きで奪取に成功したかにみえたが、何とか5人抜きを達成。小宮が「僕1回取ったよ、パンとやって、これだから芸能界怖いよ」と冗談交じりにつぶやくと、健太郎も「今までにないスタイルだったんで、難しかったです」とさわやかに答えた。

 最後に登場したのは、月曜担当の長井短。ともにパーソナリティーを務める根本宗子が舞台『月刊 根本宗子第15号 紛れもなく、私が真ん中の日』をあす30日からスタートさせる関係で、ひとりでのイベント出演となった長井は「ひとりなら私来なくてもいいんじゃないかな」と弱音をポツリ。それでも「私は主にジングルを歌ったり、リスナーの人に謝ったりしています」と番組の魅力をしっかり(?)とアピールすると、特技ではまさかの落語をチョイス。「加賀の千代」の一節を見事に演じて、会場を沸かせた。最後は客席をバックに、パーソナリティーの集合写真を撮影して、約1時間にわたるイベントを締めくくった。



関連写真

  • 『オールナイトニッポン0(ゼロ)まつり』に各番組のパーソナリティーが大集合
  • 『オールナイトニッポン0(ゼロ)まつり』でバスケドリブル5人抜きに挑戦した健太郎
  • 『オールナイトニッポン0(ゼロ)まつり』のMCを務めた三四郎
  • 『オールナイトニッポン0(ゼロ)まつり』の模様
  • 『オールナイトニッポン0(ゼロ)まつり』に登場した四千頭身
  • 『オールナイトニッポン0(ゼロ)まつり』でフリースタイルラップを披露したCreepy NutsのR-指定
  • 『オールナイトニッポン0(ゼロ)まつり』でリフティングを披露したCreepy NutsのDJ松永

オリコントピックス