アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 国分太一「どんなことがあっても連帯責任。どんな処罰でも受ける」

国分太一「どんなことがあっても連帯責任。どんな処罰でも受ける」

 人気グループ・TOKIO国分太一が、26日放送のTBS系『ビビット』(月〜金 前8:00)に生出演し、強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検された山口達也(46)についてコメント。同じグループとして「連帯責任でどんな処罰でも受ける」と思いを打ち明けた。

 番組冒頭、国分は番組冒頭から一人で登場し、2分半にわたって被害者の女性やファン、関係者などに謝罪の言葉を述べ、4度頭を下げた。その後、一連の流れを紹介するVTR後、コメンテーターのテリー伊藤から質問される形で、国分は胸中を語った。

 ニュースを知ったのは前日25日の夕方で、フジテレビでの番組収録後にマネージャーから聞かされ「頭が真っ白になって、何の話をしているのかまったく分からなかった」と混乱したことを告白。事件後にも山口と仕事で会っていたが、「いつもの山口達也だった」と変化を感じなかったという。

 その後、山口とは話せていないが、ほかのメンバーとは自宅に戻ってからも深夜までメールなどで連絡を取り、「今後はどんなことがあっても連帯責任だ、と。どんな処罰でも受けなきゃいけないとメンバーと話した」と明かし、TOKIOとして被害者や関係者へ謝罪・対応していくことを明言した



オリコントピックス