• ホーム
  • 映画
  • 『デッドプール2』おふざけ&アクション満載の新予告解禁

『デッドプール2』おふざけ&アクション満載の新予告解禁

 俳優のライアン・レイノルズが主演した異色ヒーロー映画『デッドプール』の続編『デッドプール2』(6月1日公開)の新たな予告編が20日、解禁された。おふざけ全開&アクション満載の映像となっている。

 『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』を生み出したマーベル史上、最も過激なヒーローとして人気を誇る“デッドプール”。人体実験で驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまったウェイド・ウイルソン/デッドプールの活躍を描いた前作は、2016年に公開され全米で3週連続No.1、日本でも興収20億円を超えるヒットとなった。

 続編は『ジョン・ウィック』の共同監督デヴィッド・リーチ氏がメガホンをとり、アクション満載。レイノルズが引き続きデッドプールを演じ、日本から忽那汐里も参加している。

 美人な彼女ヴァネッサとお気楽な日々を送るデッドプールの前に、未来から強敵・ケーブルが現れた。大好きなヴァネッサたっての希望もあり、良い人間になることを決意したデッドプールは、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた子どもを守るため、特殊能力を持つメンバーを集めて最強チーム“Xフォース”を結成する。

 到着した映像では、荒ぶるケーブルに対してデッドプールが「サノス、イキってる」とケーブルを演じるジョシュ・ブローリンが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で敵サノスを演じていることをイジる一幕も。

 そんなケーブルに対抗するために、友人ウィーゼルとヒーロー求人を開始。近接格闘術の達人“ベドラム”、二刀流剣士“シャッタースター”に続いて面接に来たのは「幸運(ラッキー)なの」と自信満々の“ドミノ”。彼女に対して「運は能力じゃないぞ。映画的にも地味じゃね!?」「映画ナメんな」と言い放つ2人だが、何の能力もない求職中の普通のおじさん“ピーター”を即採用してしまうハチャメチャぶりが笑いを誘う。

 後半には、『アトミック・ブロンド』(2017年)、『ジョン・ウィック』(15年)を手掛け、『ワイルド・スピード』初のスピンオフ作品の監督にも決まっているリーチ監督の手腕を見せ付けた激しいアクションも収められている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス