• ホーム
  • 芸能
  • 香取慎吾、脱アイドル実感? “アーティスト”としての紹介「抵抗なくなりびっくり」

香取慎吾、脱アイドル実感? “アーティスト”としての紹介「抵抗なくなりびっくり」

 ファンサイト「新しい地図」を立ち上げた元SMAPの香取慎吾がBMWのブランド・フレンドに新たに就任し16日、都内で行われた『新型BMW X2製品発表記者会見』に出席。芸術活動を活発化させていく中で“アーティスト”として紹介されることに抵抗を感じなくなっていると明かした。

 ブランド・フレンド就任の感想を聞かれると「最初にお話を伺った時は、うれしかったんですけど、ドッキリかと思いました。先月、社長とランチをしたんですが『一緒にこれから仕事をする人のことを知らないで、仕事はできない』とおっしゃってくれて、BMWのこともお話いただいて、そんな風にお仕事をすることがなかったので、ずっとどこかにカメラがあるんじゃないかと思っていました」とにっこり。

 新製品と絡めて「新しいことをたくさんはじめている自分、そんな僕の地図が一緒に広がっていってくれたらうれしいなと思います」とコメント。コンセプトになっている「アンフォロー」という言葉のイメージを聞かれると「自分の知らないうちにそこに恐れず、常に挑戦する。そこには怖さもあるけど、自分の強い気持ちを忘れずに…ということだと思うんですが(自分の)インスタグラムはフォローしてほしいですね」と笑わせた。

 新たな挑戦を続けていることで、心境の変化もあったといい「クリエイター・アーティストと呼ばれることにあまり抵抗がなくなってきたことにびっくりしています。BMWさんとアートな部分でもコラボしていくことができたら…」と告白。自身の最近のドライブ事情を聞かれると「友だちを乗せて、行き先は言わずにけっこう遠くまで行って『どこに行くの?』っていうサプライズを繰り返して、みんなで温泉にリフレッシュしに行きました」とうれしそうに報告していた。

 記者会見には、同社の代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏も出席した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 芸術活動を活発化させている香取慎吾 (C)ORICON NewS inc.
  • 赤いジャケット姿で登場した香取慎吾(左) (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス