• ホーム
  • 芸能
  • 850万円で落札・羽生結弦選手スケート靴を展示へ

850万円で落札・羽生結弦選手スケート靴を展示へ

 女性向けの商品を展開している「サマンサタバサ」は16日、ウェブベルマーク協会『東日本大震災チャリティーオークション』において850万1000円で落札した羽生結弦選手(23)のサイン入りスケート靴を展示することを発表した。

 今回の特別展示は「羽生結弦選手のスケート靴を、全国の羽生結弦選手ファンに見せてほしい」という声が多く届き、ウェブベルマーク協会との相談の上、開催が決定。4月18日の仙台パルコでの展示を皮切りに、8月まで札幌・関東・名古屋・大阪・博多などでキャラバンを開催する。また、8月後半には、要望が一番多かったエリアの展示を行う予定としている。

 羽生選手のスケート靴の落札においては、オークション当日に東日本大震災で「何か私たちも出来ないか」と“サマンサ女子”で話をしていたところ、羽生選手のチャリティオークションを知り、スタッフに有志で寄付を募った。すると、海外のスタッフも含め、約8600口のチャリティが集まり、落札までに至った。



関連写真

  • 羽生結弦選手(C)ORICON NewS inc.
  • 羽生結弦選手スケート靴

オリコントピックス