• ホーム
  • 映画
  • キンプリ平野紫耀、独創的な弁当披露 平祐奈の辛口評価に「観賞用です」

キンプリ平野紫耀、独創的な弁当披露 平祐奈の辛口評価に「観賞用です」

 King & Prince平野紫耀が12日、都内で行われた映画『honey』鬼キュンヒット御礼公開後舞台あいさつに登壇した。イベントでは劇中で料理上手なキャラクターを演じる平野と、喫茶店マスターを演じるシンガー・ソングライターの高橋優が用意されたおかずを詰める弁当の盛り付けで対決。平野は「富士山をつくろうと、和の心を忘れちゃいけないなと思って」と独創的な世界観を披露した。

【写真】その他の写真を見る


 どちらがつくったのかは伏せた状態で2つのお弁当箱が登場。判定役となった平祐奈は「1番はかわいいけどスカスカ」と評価し、一方「2番はお花が咲いている感じでかわいい」と好印象。「幼稚園生だったら1番を選ぶ。卵とそぼろが好き。でも今は2番です」と2番の弁当を盛り付けた高橋の勝利となった。

 結果に不服そうな平野は自身のつくったお弁当について「富士山の上で恋する話にしようと、ハチさんを恋させました」と赤いカブでハートをかたどったというポイントを解説。平から「量が気になる…」とツッコミを受けると「食べる用じゃない、観賞用! 観賞用として飾っていただけたら」と主張。2匹のハチ風の卵焼きや食用花など映画の世界観を取り入れかわいらしく仕上げた高橋は「あとは肉とか入れればお腹は満たされるかなと。僕は食べる用です」と紹介して笑いを誘った。

 実生活では「時間があれば(料理を)やる程度。冷蔵庫に素材が余ってたらテキトーにつくる」という平野だが、得意料理は「回鍋肉」と回答。「タレとかも一からつくってます」とこだわっているそうで、「メンバーに振る舞ったりします」と告白。なかでも高橋海人はよく平野宅に来るそうで「俺より先に俺んちに帰宅してる。人って本当においしいものを食べるときは無言になっちゃうけど無言でしたね」と自信たっぷりに明かしていた。

 目黒あむ氏の同名少女漫画を実写化した同作は、赤く染めた髪と鋭い眼で不良と恐れられるが、実際は思いやりにあふれる料理上手な好青年・鬼瀬大雅(平野)と、ヘタレでビビりな女子高生・小暮奈緒(平)の初恋を描く。



関連写真

  • 独創的な弁当を披露したKing & Prince・平野紫耀 (C)ORICON NewS inc.
  • 平野紫耀作のお弁当 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)高橋優、平野紫耀、平祐奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『honey』鬼キュンヒット御礼公開後舞台あいさつに登壇した平野紫耀 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『honey』鬼キュンヒット御礼公開後舞台あいさつに登壇した高橋優 (C)ORICON NewS inc.
  • 高橋優作のお弁当=映画『honey』鬼キュンヒット御礼公開後舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス