• ホーム
  • 芸能
  • 長野美郷『めざましどようび』涙の卒業「抱えきれないくらいの思い出」

長野美郷『めざましどようび』涙の卒業「抱えきれないくらいの思い出」

 フリーアナウンサーの長野美郷(31)が31日、メインキャスターを務めるフジテレビ系『めざましどようび』(毎週土曜 前6:00)に出演。この日をもって4年間出演した同番組を卒業した。

 長野は上智大学2年生のときにミスコンテスト『ミスソフィア』に輝き、卒業後の2009年3月から『めざましテレビ』のお天気キャスターを務めた。2014年4月に『〜どようび』のキャスターに就任。今年1月には5歳年上の一般男性と結婚したことを同番組内で発表していた。足かけ9年間親しんだ『めざまし』のスタジオをこの春ついに巣立つ。

 番組後半、9年間を振り返るVTRを見た長野は「出演者もスタッフも本当に仲が良くて、毎週楽しみにスタジオに来させていただきました。至らないところはたくさんあったと思うんですけれども、演者・スタッフ・視聴者の皆さんの応援のおかげでここまでやってこられました」と感謝の言葉を述べた。

 ここでパートナーの佐野瑞樹アナウンサーから「番組の要(かなめ)でしたからね」、西山喜久恵アナウンサーからも「本当に太陽ですよ、三郷ちゃん。抜群の安定感でした」とねぎらわれると、思わず涙。「たくさんの思い出を抱えきれないくらいいただきましたが、それを抱えて卒業させていただきます」と目元をうるませながら改めて感謝。最後は「本当にありがとうございました」と深々頭を下げていた。



オリコントピックス