アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • “ミュージカル界の次世代エース”古川雄大が研音に所属「日々精進していきたい」

“ミュージカル界の次世代エース”古川雄大が研音に所属「日々精進していきたい」

 ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』や『黒執事』など近年大作での主演を務め“ミュージカル界の次世代エース”との呼び声が高い俳優の古川雄大(30)が、俳優の唐沢寿明(54)、竹野内豊(47)、天海祐希(50)らが所属する大手芸能事務所・研音に所属することが1日、発表された。

 古川は2007年にミュージカル『テニスの王子様』にて初舞台を踏み、その後数々の話題作に出演。自らをストイックに追い込み、地道に努力する姿勢が実を結び、12年ミュージカル『エリザベート』で初めて帝劇の舞台に立った。着々と経験を積み重ね、5月26日より帝劇にて上演する日本最高峰のミュージカル作品『モーツァルト!』で、満を持して帝劇初主演を務める。

 ミュージカル『モーツァルト!』は、「才能が宿るのは肉体なのか?魂なのか?」という深遠なテーマをベースに、その高い音楽性と重層的な作劇で“人間モーツァルト”の夭折(ようせつ)の真実に迫り、02年の日本初演以来、日本のミュージカルファンを魅了し続けている作品。4年ぶりに帰ってくる本作ではヴォルフガング役を、今や映像の世界でも活躍中の山崎育三郎(32)とともに、ダブルキャストで演じる。

 古川は「この度、研音に所属することになりました古川雄大です。舞台、ミュージカルを中心に活動しています。自分自身、視野を広げてさまざまな事にトライし、表現者としてより成長していけるように日々精進していきたいと思います」とコメントを寄せ「新しくお世話になる環境で支えてくださる方々と共に、切磋琢磨して頑張っていきたいと思います。皆様、宜しくお願い致します」とメッセージしている。

■古川雄大(ふるかわ・ゆうた)
1987年7月9日生まれ。長野県出身。07年ドラマ『風魔の小次郎』でデビュー。その後ミュージカル、舞台などで話題作に出演。近年では、ミュージカル『1789』、『レディ・ベス』に出演。ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『黒執事』では主演を務める。音楽活動でもCDリリース、ライブ活動を精力的に行う、多方面で活躍する。



オリコントピックス