• ホーム
  • 芸能
  • オカモトショウ、Eテレ初レギュラー『ムジカ・ピッコリーノ』新米船長役

オカモトショウ、Eテレ初レギュラー『ムジカ・ピッコリーノ』新米船長役

 ロックバンド・OKAMOTO'Sのボーカル、オカモトショウがNHK・Eテレの子ども向け音楽番組『ムジカ・ピッコリーノ』(毎週金曜 後5:35〜5:45)にメインキャストとしてレギュラー出演する。4月6日から始まる新シリーズ(第6シーズン)より登場。28日、東京・渋谷の同局で収録の合間に取材に応じたオカモトショウは、「大役を与えていただいてとても光栄に思います。音楽に関してものすごくパワーを持った番組に関わることができて、子どもたちに見てもらえると思うと、楽しみでしかたない」とにこやかな表情を見せていた。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は、架空世界“ムジカムンド”を舞台に、“モンストロ(怪獣)”の姿でさまよっている人々から忘れされた“ムジカ(名曲)”を救出し、音楽の記憶を蘇らせようと活動している“ムジカドクター(音楽の医者)”たちの物語をとおして、音楽(曲や楽器)の基本的なしくみを子どもたちが感覚的に学べる番組。音楽の知的好奇心をくすぐる内容で、大人の視聴者にもファンが多く、2013年のレギュラー放送開始から4月で6年目に突入する。

 これまでの第1〜第5シリーズを支えてきたアリーナが卒業し、オカモトショウを含む新メンバー3人を迎える新シリーズは、イタリア語で「美しい歌」を意味する「ベルカント号」が舞台。ロック、J-POP、クラシック、民族音楽など、さまざまなジャンルの「歌」に注目し、名曲の「歌」の魅力を解き明かしていく。

 新米船長のジュリオ(オカモトショウ※新メンバー)、機関士のロッソ(長岡亮介※新メンバー)、機関士助手のルネッタ(佐藤奏)が操縦するベルカント号に、ムジカドクターを目指す2人の新人研修生がやって来る。ハッチェル楽団の看板娘だった明るく奔放なピッピ(西條妃華)と、由緒ある良家から飛び出してきた引っ込み思案なお嬢様のフローラ(高沢英※新メンバー)。性格の異なるピッピとフローラが、さまざまなモンストロと出会い、時に対立し、時に協力し合いながらムジカドクターを目指していく物語。

 オカモトショウは「ジュリオはほぼほぼオカモトショウ。演技をしている感覚はなく、それがすごく楽しい。音楽を子どもにわかるように伝えようとしている以上に、音楽が好きな大人が本気で作っちゃっている番組だと思う。このメンバーで面白い音楽をたくさん作って届けていきたい」と手応えを語っていた。ギタリストの長岡も「下手な音楽系の番組より、真っ当な音楽番組なんじゃないかと思います」と意欲をのぞかせていた。



関連写真

  • 新米船長のジュリオを演じるオカモトショウ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)佐藤奏、高沢英、オカモトショウ、西條妃華、長岡亮介 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK・Eテレの子ども向け音楽番組『ムジカ・ピッコリーノ』取材会(左から)佐藤奏、高沢英、オカモトショウ、西條妃華、長岡亮介 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK・Eテレの子ども向け音楽番組『ムジカ・ピッコリーノ』取材会に出席した高沢英 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK・Eテレの子ども向け音楽番組『ムジカ・ピッコリーノ』取材会に出席した佐藤奏 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK・Eテレの子ども向け音楽番組『ムジカ・ピッコリーノ』取材会に出席した長岡亮介 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK・Eテレの子ども向け音楽番組『ムジカ・ピッコリーノ』取材会に出席した長岡亮介 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス