• ホーム
  • 映画
  • 映画『ダンガル きっと、つよくなる』×『プ女子百景』 コラボイラスト公開

映画『ダンガル きっと、つよくなる』×『プ女子百景』 コラボイラスト公開

 レスリングを題材にした映画『ダンガル きっと、つよくなる』(4月6日公開)と、女性たちがプロレス技をかけあう姿を描いた「広く。」氏によるイラスト集『プ女子百景』とのコラボレーションが実現。おなじみの絵柄で劇中の父娘がイラスト化された。

東京ミッドタウン日比谷、『パシリム』で初イベント 新田真剣佑らが登場 (18年03月26日)


 同作は、『きっと、うまくいく』『PK ピーケイ』などのアーミル・カーンが主演し、実話を基にした感動作。オリンピック出場を諦めた男が、娘たちをレスリングの世界で羽ばたかせようとする。

 “プ女子”という言葉に代表されるように、女性のプロレスファンが増えている昨今。『ダンガル』はプロレスではないが、レスリングと女子の組み合わせは同作に通ずるという考えから今回のコラボが実現した。

 イラストは、カーン演じる父親が、娘のギータ&バビータ姉妹に豪快に技を決められる様子が描かれる。自分より大きい相手だろうと関係なく強烈なタックルをお見舞いし、父親を持ち上げると、最後は大技ブレーン・バスターを繰り出す。

 作品を鑑賞した広く。氏は「お父さんの人間力がすごい。『娘に金メダルを獲らせる』というブレなすぎる信念で世間体とか田舎の常識を片っ端から吹っ飛ばしていくお父さんパワーが痛快」とコメント。信念を貫きすぎるあまり前のめりに暴走しがちだが、文字通り真正面からぶつかり合ってくれる父親の魅力を伝え、「(インド映画の)『バーフバリ』みたいな超ド級スペクタクルアクションこそ出てこないけれど実在の人物の実話を基にしている超・人間力お父さんと娘の物語は見ると元気になります。めちゃくちゃ耳に残るテーマソングもお聞きのがしなく! ダンガルダンガル!」と絶賛した。

 おまけにもう1枚、トレーニング器具「コシティ」をぶん回すギータのイラストも寄稿し、広く。氏いわく「プロレスでも使われていたコシティが劇中に出てきてうれしくて描いてしまいました!」とのことで、さすがの知識量を披露した。



関連写真

  • 強烈タックルをお見舞い (C)Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
  • なす術も無く持ち上げられてしまい… (C)Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
  • 最後は大技ブレーン・バスター (C)Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
  • トレーニング器具「コシティ」をぶん回すギータ=映画『ダンガル きっと、つよくなる』と『プ女子百景』のコラボイラスト (C)Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016

オリコントピックス