• ホーム
  • 芸能
  • ミムラ、美村里江に改名「新たな名前と共に歩んでいこうと思います」

ミムラ、美村里江に改名「新たな名前と共に歩んでいこうと思います」

 女優のミムラ(33)が27日、芸名を「美村里江(みむら・りえ)」に改名したことを自身の公式サイトで発表した。

 “ミムラ”という芸名は、美村が熱狂的な「ムーミン」ファンで、同作に登場するキャラクター「ミムラ姉さん」の存在を広めたいとの思いから付けられたもの。美村は、「この度、芸名を変えることにしました」と宣言し「“突然”に見えるかと思われますが、ここ数年自分でしっかり考えて腑に落ちて決めたことで、事務所には昨年中に相談、新しい名前の画数なども調べてもらい、GOサインが出ました」と経緯を明かした。

 改名を決意した理由については、1. 本家ムーミン“ミムラ姉さん”の知名度がぐんと上がったため、2. 大河ドラマ台本の役名・出演者一覧を見て本来の日本名の大切さ、3. 公私の自分が、ニアリーイコールになった、としている。特に大河ドラマの件については、現在『西郷どん』に大久保満寿役として出演しており、「『大久保満寿 ミムラ』と字面を見た時のなんともいえない気持ち…。時代劇は今後もやっていきたい大好きなジャンル。これも潮時とさらに納得を深めた次第です」とカタカナ表記に違和感を感じたことを告白した。

 また、「『所属事務所と揉めて』や『プライベートで何かあって』という理由からではないのでどうぞご安心ください」とことわった上で「長らく使わせて頂いた呼び名=『みむら』を手放すのも忍びなく、日本に古くからある苗字のひとつなのでそのまま使用、名前は本名、という併せで【美村里江】といたしました」と新たな芸名の由来についても説明している。

 最後は「あらためて、ミムラ姉さんの生みの親であるトーベ・ヤンソン氏に感謝しつつ、相変わらず今後も童話ムーミンを毎年一度は通して読み、ムーミン好きはライフワークの一つとして続けて参ります」と、これからもムーミン愛を貫くことを宣言。「新たな名前と共に歩んでいこうと思います。引き続き応援頂けますと幸甚です」と呼びかけている。



オリコントピックス