• ホーム
  • 芸能
  • とんねるず、『みなおか』最終回で見せた“男気” 替え唄でフジを激励

とんねるず、『みなおか』最終回で見せた“男気” 替え唄でフジを激励

 とんねるずがメインMCを務めるフジテレビ系バラエティー『とんねるずのみなさんのおかげでした』が22日、最終回を迎え、前身番組から数えて30年、放送1340回の歴史に幕を閉じた。ラストでは、代表曲「情けねえ」(1991年発売)を熱唱。サビの歌詞を変え、フジテレビとバラエティー番組に熱いエールを送った。

【写真】その他の写真を見る


 石橋貴明は、歌詞の「この国を滅ぼすなよ」の“この国”を“バラエティ”に、木梨憲武も「この国をおちょくるなよ」の“この国”を“フジテレビ”に変え、歌い上げた。熱いメッセージを込めた“男気”あふれる演出にネット上では、「とんねるずの魂の叫びだ」「最後まで格好良すぎるよ…終わらないで…」と多くの反響があがった。

 また石橋は、21日に同番組のDVDボックス発売を記念し、都内で報道陣の取材に対応。番組への思いを語るなか、フジテレビに対して「こういうバラエティーを作らせたら、一番うまい局だと思う」と太鼓判を押しつつ「また、20年、30年と続くバラエティーを作ってもらいたい。王国を再建してもらって、そこに脇役として出たい。時代の変化はあるけど、その変化に対応して作っていかないといけない。まだまだテレビの影響は大きいと思うので、その中でアイデアや知恵を絞って出していかなければいけない」と、期待を口にしていた。

 「さいごのうたばん」と題したフィナーレ企画では、石橋貴明が司会を務めた『うたばん』(TBS系)のパロディー企画「ほんとのうたばん」の名場面紹介。同番組から生まれた音楽ユニット・野猿のメンバーたちと10数年ぶりに再会を果たし、ゲスト第1号でもある松田聖子も駆けつけた。

 1988年10月に前身番組の『とんねるずのみなさんのおかげです』がスタートし、97年6月から現在の番組名に変更された。「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」「食わず嫌い王決定戦」など、数々の人気企画を生み出し、同局の看板バラエティーとして一時代を築いた。



関連写真

  • 『とんねるずのみなさんのおかげでした』が最終回 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』のロゴ(C)フジテレビ

オリコントピックス