• ホーム
  • 芸能
  • アニメ映画『GODZILLA』第一章コミカライズ化 「ジャンプ+」&「Z」で連載開始

アニメ映画『GODZILLA』第一章コミカライズ化 「ジャンプ+」&「Z」で連載開始

 ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』三部作の第一章『GODZILLA 怪獣惑星』がコミカライズされることが20日、発表された。29日から漫画アプリ「ジャンプ+」、4月6日からWEB漫画サイト「Z」で連載がスタートする。

【写真】その他の写真を見る


 『GODZILLA 怪獣惑星』は、2万年後の地球を舞台に、“ゴジラ”と人間と2種族の異星人の因縁によって大きく展開する物語。コミカライズでは、キャラクターたちの過去の一面や映画本編で語られなかったオリジナル要素も追加で描かれるという。

 本作を手掛けることになった倉橋ユウス氏は「企画を聞いた段階では『ちょっと考えさせて欲しい』となるのが普通かも知れませんが、性格的に『おもしろそうですね』などと、ほぼ即答だった記憶があります。設定量に悶絶するのはその後です」とコメント。

 『ゴジラ』という作品を描くことには「過去のゴジラ作品を観ずに先入観なく挑まれた静野監督とは、重圧の系統は明らかに真逆です。公開初日の深夜2時から劇場前に並んで職質されるような子供でした。そのプレッシャーを持ちつつ、『ほかの方に描かれるよりは自分が』という意欲で描き切りたいと思います」と意気込んだ。

 映画の第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は5月18日に公開される。



関連写真

  • コミカライズは「ジャンプ+」&「Z」で連載開始(C)2017 TOHO CO., LTD.
  • 5月18日に公開されるアニメ映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の新キービジュアル(C)2018 TOHO CO., LTD.

オリコントピックス