• ホーム
  • 芸能
  • ビートたけし、独立を生報告 4月から新事務所で今までどおり活動

ビートたけし、独立を生報告 4月から新事務所で今までどおり活動

 お笑いタレントや映画監督として活躍するビートたけし(71)が17日、レギュラー出演するTBS系『新・情報7daysニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)に生出演。番組冒頭から自身が立ち上げた芸能事務所「オフィス北野」を退社して、独立することについて自ら語り、4月から新事務所「T.Nゴン」で今までどおり活動していくことを明言した。

 カメラのフレームから隠れるようにセットに座り込んでいたたけし。「心中お察しします」という安住紳一郎アナウンサーに促されて、「俺が作った事務所を俺がやめて、誰に文句言われなきゃならないんだ。ヤドカリだって別の殻に行く」と吠えた。その直後、安住アナに「うちにこない? 給料(TBSの)3倍あげる」と新事務所へ勧誘し、「身軽になりたいといって(オフィス北野を)辞めるんじゃないんですか? また抱えちゃうんですか?」とツッコまれていた。

 新事務所の名称については、「たけし」の「T」と、小説の主人公の名前「N」、飼っている柴犬の名前「ゴン」が由来であると説明。4月以降も「何も変わらない。仕事を増やすわけでも、減らすわけでもない」と語った。テレビ各局の4月改編でもたけしが出演する番組はいずれも現状維持となっている。

 オフィス北野を退社するにあたり、「退職金もらってないんだよ。3億はもらえたはず。でも、税務署に全部取られてもしょうがないから。頑張ってくれと。俺、一人でやりたいことがあるから」と相当額の資金を事務所に残したことも認めていた。



オリコントピックス